ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 予防接種 > 定期接種(B型肝炎)

更新日:2021年6月10日

ここから本文です。

定期接種(B型肝炎)

平成28年10月から、B型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました。B型肝炎ワクチンは、遺伝子型や血清型の違う2種類のワクチンがありますが、いずれのワクチンでも有効性は確認されています。

厚生労働省のホームページ(B型肝炎予防接種)(外部サイト)

対象年齢

生後1歳に至る(1歳誕生日の前日)までの間にある者(計3回)

  • 1回目接種から27日以上の間隔で2回目、さらに1回目接種から139日以上を経過した後に1回を皮下注射します。
  • 接種量は0.25ml。標準的な接種期間は生後2月に至った時から生後9月に至るまでの期間。

定期接種の対象外となる場合

次に掲げる事項に該当する場合は、定期接種の対象にはなりません。

  1. 母子感染予防のためのB型肝炎ワクチン接種を含めた治療を受けた方(健康保険適用対象のため)
  2. 任意接種で既にB型肝炎ワクチンの接種をした方は、既に接種した回数分の定期接種を受けたものとみなします。例えば、任意接種で1回接種済のお子さまは、1歳誕生日前日までに定期接種として残り2回接種が可能です。

予診票の取扱い

出生月の翌月末ごろに1歳未満に接種するワクチンの予診票(0歳児用冊子)で送付いたします。

協力医療機関にも予診票が常備されておりますので、予診票をお持ちでない方は、母子健康手帳をご持参のうえ、受診してください。

接種場所

協力医療機関(予診票と一緒にお送りします。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

民生局こども育成部こども健康課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 こども健康課」で届きます>

電話番号:046-824-7141

ファクス:046-824-7144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?