ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 予防接種 > 異なるワクチンの接種間隔変更について

更新日:2020年10月1日

ここから本文です。

異なるワクチンの接種間隔変更について

令和2年10月1日より、異なるワクチンの接種間隔の制限が一部緩和されます

これまで、異なる種類のワクチンを接種する場合、次のワクチンを接種するまでに、接種したのが生ワクチンであれば27日以上、不活化ワクチンであれば6日以上の間隔をあけないと、次のワクチンを接種することができませんでした。

しかしこのたび、定期接種実施要領の改正にともない、令和2年10月1日以降の接種より、「異なる種類の注射生ワクチン(BCG・MR・水痘など)どうしの接種間隔は27日以上の間隔をあけること」以外の制限がなくなりました。

ただし、同一の種類のワクチンの接種間隔(例:ロタウイルスワクチンの1回目と2回目は27日以上あける)については変わりありませんので、ご注意ください。

詳細は以下の変更イメージ、リーフレットと関連リンクをご覧ください。

 

変更イメージ

厚生労働省リーフレット「異なる種類のワクチンを接種する際の接種間隔のルールが一部変更されます」(PDF:1,198KB)

各ワクチンの分類(※は任意接種)

  • 注射生ワクチン:BCG・MR(麻しん風疹混合)・麻しん・風しん・水痘・おたふくかぜ※
  • 経口生ワクチン:ロタウイルス
  • 不活化ワクチン:ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合・不活化ポリオ・日本脳炎・二種混合(DT)・ヒトパピローマウイルス(HPV)・季節性インフルエンザ※など

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども育成部こども健康課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 こども健康課」で届きます>

電話番号:046-824-7141

ファクス:046-824-7144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?