ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 予防接種 > 定期接種(麻しん風しん混合)

更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

定期接種(麻しん風しん混合)

原則として「麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)」を使用します。

  1. 麻しん(はしか)=発熱やカゼに似た症状がでたあと、いったん熱は下がりますが、その後、39~40度の高熱と発疹が出ます。気管支炎、肺炎や中耳炎などの併発があります。感染力が非常に強いので注意が必要です。
  2. 風しん(三日ばしか)=主な症状は、発疹、発熱やリンパ節膨張。発疹と発熱は約3日で治るので「三日ばしか」とも言います。女子が妊娠初期にかかると、聴覚などに障害がある子が生まれる可能性が高くなります。

麻しんまたは風しんにかかったことが明らかな場合は、かかっていない方のワクチンを用いても、MRワクチンを使用しても差し支えありません。また、希望により、「麻しん単独ワクチン」または「風しん単独ワクチン」を選ぶことができます。

キョウコノワクチン(麻しん風しん混合ワクチンのはなし)(PDF:1,543KB)

対象年齢

  • 1期=1歳児のあいだ(2歳誕生日の前日まで)
  • 2期=年長児の1年間(年長児になる年の4月1日から翌年の3月31日まで)
  • 2期任意接種※=小学1年生の児の1年間(小学1年生になる年の4月1日から翌年の3月31日まで)

 

(※)年長児の2期を未接種の児が対象になります。詳しくはこちらをご覧ください。

(注)1期の対象者は、1歳のお誕生日を過ぎたら、なるべく早く(生後15か月まで)に接種しましょう。

 

予診票の取り扱い

  • 1期=1歳の誕生月の前月末ごろ(1歳児用冊子で送付します。)
  • 2期=年長児になる年の4月上旬に郵送します。
  • 2期任意接種=こども健康課または健康福祉センターまでお問い合わせください。

接種場所

協力医療機関(予診票と一緒に一覧表をお送りします。)

他の予防接種との接種間隔

「異なる種類の注射生ワクチン(BCG・MR・水痘など)どうしの接種間隔を27日以上あけること」以外の制限がなくなりました。(MRとBCGや水痘との接種間隔は、27日以上あける必要があります。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

民生局こども育成部こども健康課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 こども健康課」で届きます>

電話番号:046-824-7141

ファクス:046-824-7144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?