ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2020年8月) > 「訪問型産後ケア」がスタート!!~新型コロナウイルス感染症流行時あなたの産後を自宅でサポートします~(2020年8月25日)

更新日:2020年8月25日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

「訪問型産後ケア」がスタート!!
~新型コロナウイルス感染症流行時あなたの産後を自宅でサポートします~(2020年8月25日)

令和2年9月1日から、訪問型産後ケア事業を開始します。本市では、平成27年10月から産後4か月までの時期に、家族などから十分な家事・育児の援助が受けられない方や、育児に不安を感じている方に助産師による専門的なケアを提供する施設型「産後ケア事業」を行っています。新型コロナウイルス感染症が危惧される中、外出するのが不安、きょうだいがいるため施設型産後ケアの利用が難しい、施設までの交通手段がない方などに、助産師を派遣し自宅でケアを受ける「訪問型産後ケア」を開始し、安心して子育てができるように支援します。

1. 対象

以下に当てはまる、横須賀市に住所がある産後4か月までのお母さんと赤ちゃん

(1)産後、家族などから家事・育児の支援が受けられない方

(2)産後の体調不良や育児に不安を感じている方

(3)授乳相談や育児相談などを希望している方

(4)医療行為の必要がない方

2. 産後ケアの内容

医療機関などを退院後、自宅において母子の体調に合わせて、助産師による専門的なケアを受けることができます。

  • 産婦の母体ケア(母乳ケアなど)
  • 産婦の休養・リフレッシュ
  • 授乳や沐浴指導
  • 乳児の健康状態の観察・ケア
  • その他必要とする育児指導
  • 子育てに関する相談など

利用回数 訪問型産後ケア(2時間までの利用)7回まで

【参考】

施設型デイケア(10時から17時までの利用)7回まで

ナイトケア(20時から翌10時までの利用)7回まで

ショートスティ(10時から翌10時までの利用)1泊1回として6回まで

組み合わせは自由で、1人あたり最大14回まで利用できます。

3. 1回あたりの利用料

自己負担4,000円+公費負担8,000円

多胎児加算あり。世帯収入に応じた減免あり。

4. 申し込み・相談先

こども健康課(はぐくみかん5階)母子保健コーディネーターまで。

〒238-8550 小川町11番地はぐくみかん5階

TEL:046-824-7141

母子保健コーディネーターが産後ケアの利用調整をします。

妊娠8か月以降から利用の3日前まで受け付けます(緊急の場合は要相談)。

5. 申し込み開始時期

9月1日火曜日から申し込みの受付を開始します。

6. 周知方法

(1)広報よこすか8月号、横須賀市ホームページ、ツイッターへの掲載

(2)助産院、産院クリニックなどでチラシ配布

(3)母子健康手帳交付時の案内

 


 


お問い合わせ

こども育成部こども健康課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 こども健康課」で届きます>

電話番号:046-824-7141

ファクス:046-824-7144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?