ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 子ども・子育て支援新制度について > 子ども・子育て支援新制度における利用者負担額について

更新日:2018年4月1日

ここから本文です。

子ども・子育て支援新制度における利用者負担額について

子ども・子育て支援新制度における利用者負担額は、教育標準時間認定(1号認定)及び保育認定(2号認定・3号認定)の支給認定区分、保育標準時間(就労時間が月120時間以上の場合など)と保育短時間(就労時間が月64時間以上120時間未満の場合など)の保育必要量の区分などにより異なります。

制度開始以降、国の実施する幼児教育の段階的無償化に伴い、多子世帯、ひとり親世帯等に係る利用者負担額の軽減が順次拡大されてきたところです。

横須賀市においては、国の実施する段階的無償化に加えて、市独自に無償化を拡充していきます。

平成30年度は、年収約360万円未満相当の世帯について、利用者負担額を無償化します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども育成部保育課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 保育課」で届きます>

電話番号:046-822-9728

ファクス:046-825-9123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?