ホーム > くらし・環境 > 環境・身近な自然 > みどり施策・自然環境 > 横須賀市の海岸植物 > 久里浜港

更新日:2015年8月20日

ここから本文です。

久里浜港

久里浜

平作川の河口部です。野比側の海岸は整備されていますが、浦賀側の海岸は人の立ち入りが少ない箇所のため、自然の植生が保たれています。また、比較的広い草地が広がっています。

(1)海岸植物の特徴

草地性の植物が見られ、多種の昆虫等の生息・生育・繁殖の場となっています。
春になるとハマヒルガオが一面に咲きます。

(2)調査で確認できた主な海岸植物

コウボウムギ

ハマダイコン

コウボウムギ
海岸の砂浜に生えるスゲの仲間です。
全国に分布していますが、横須賀では少なくなって
しまった種のひとつです。

ハマダイコン
海岸の砂浜に生える越年草です。
春に薄紫色の花が咲きます。

ハマヒルガオ

ハマボウフウ

ハマヒルガオ
海岸の砂浜に生えるつる性の多年草です。
春に薄紅色の花が咲きます。

ハマボウフウ
海岸の砂浜に生える多年草です。
春に白色の花が咲きます。

 

お問い合わせ

環境政策部自然環境共生課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 自然環境共生課」で届きます>

電話番号:046-822-8331

ファクス:046-821-1523 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?