ホーム > くらし・環境 > 環境・身近な自然 > みどり施策・自然環境 > 横須賀市の海岸植物 > 小田和湾(西浄化センター前~佐島)

更新日:2015年8月20日

ここから本文です。

小田和湾(西浄化センター前~佐島)

小田和湾

西浄化センター前は、広い草地と砂浜が広がります。人の立ち入りはあまりない場所です。
佐島は船着き場など主に漁業施設となっています。

(1)海岸植物の特徴

コウボウシバやツルナ、ハマダイコンなどの砂浜の海岸植物が見られます。関東以南に分布し高さ2~4mになるになるダンチクが斉田浜に見られ、オカヒジキが群生している場所もあります。

(2)調査で確認できた主な海岸植物

ダンチク

トベラ

ダンチク
温暖な海岸に生える多年草で、高さ2~4mになります。

トベラ
海岸に自生する常緑の低木です。春に白色の花が咲きます。

コウボウシバ

オカヒジキ

コウボウシバ
海辺の草地に生えるスゲの仲間です。
横須賀の海岸の各所に分布しています。
※写真は走水で撮影したものです。

オカヒジキ
砂浜の海草などが打ち上げられる場所に生える一年草です。
若芽はおひたしなどの料理に使われます。

お問い合わせ

環境政策部自然環境共生課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 自然環境共生課」で届きます>

電話番号:046-822-8331

ファクス:046-821-1523 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?