ホーム > くらし・環境 > 環境・身近な自然 > みどり施策・自然環境 > 横須賀市の海岸植物 > 天神島臨海自然教育園

更新日:2015年8月20日

ここから本文です。

天神島臨海自然教育園

天神島

教育園としての整備がされているため、観察に適しています。多種多様な植物・海洋動物が見られます。

(1)海岸植物の特徴

ハマオモト(ハマユウ)の自然分布の北限地として、県の天然記念物に指定されています。ハマオモト、ハマボウ、スカシユリ、ハマゴウ、ハマカンゾウなど多くの貴重な海岸植物が見られます。

(2)調査で確認できた主な海岸植物

ハマオモト

ハマボウ

ハマオモト(ハマユウ)
暖地性で常緑の多年草です。
夏に白色の花が咲きます。市制70周年に市の花となり、市民に親しまれています。

ハマボウ
暖地の海岸や河口に生育する落葉低木です。
県内では天神島が唯一の自生地とされてきました。夏に黄色の花が咲きます。

スカシユリ

ハマゴウ

スカシユリ
海岸の崖地や岩場の上の草地などに生育する多年草です。
夏にオレンジ色の花が咲きます。

ハマゴウ
海岸の砂地に生える落葉低木です。
夏に青紫色の花が咲きます。

お問い合わせ

環境政策部自然環境共生課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 自然環境共生課」で届きます>

電話番号:046-822-8331

ファクス:046-821-1523 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?