ホーム > くらし・環境 > 環境・身近な自然 > みどり施策・自然環境 > 横須賀市の海岸植物 > 猿島

更新日:2017年2月24日

ここから本文です。

猿島

猿島

東京湾に浮かぶ無人島です。幕末から第2次世界大戦が終わるまで、台場や要塞として利用され、終戦まで一般人の立ち入りが禁止されたため、比較的自然の植生が保たれています。

(1)海岸植物の特徴

海崖や岩上で海岸植物が見られます。
※ただし、いずれも急傾斜地等危険が多いため、観察には注意が必要です。

(2)調査で確認できた主な海岸植物

イソギク

イヨカズラ

イソギク
海岸の崖地や草地に生える多年草です。
秋に黄色い花が咲きます。

イヨカズラ
海岸近くのやや乾燥した草地に生える多年草です。
春に淡黄白色の花が咲きます

ガクアジサイ

ハマウド

ガクアジサイ
海岸の岩場や樹林内に生育します。
夏に淡紅色、淡青紫色、紫色等の花が咲きます。

ハマウド
磯の打ち上げ物が溜まるような場所でよく見られます。
初夏に白色の花が咲きます。

ツワブキ

 

ツワブキ
海岸の崖地や草地に生える多年草です。
秋に黄色い花が咲きます。

 

 

お問い合わせ

環境政策部自然環境共生課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 自然環境共生課」で届きます>

電話番号:046-822-8331

ファクス:046-821-1523 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?