ホーム > くらし・環境 > 環境・身近な自然 > みどり施策・自然環境 > 横須賀市の海岸植物

更新日:2018年8月27日

ここから本文です。

横須賀市の海岸植物

1横須賀市では、多くの海岸植物の観察ができます

近年、護岸工事・埋め立て・堤防などの建設により自然海岸は減少しつつあります。
しかし、その中でも横須賀市には、比較的多くの自然海岸が存在し、様々な海岸植物を観察することができます。
その豊かな自然海岸の植生状況を把握し、今後の保全や活用につなげるため、本市では平成24・25年度に海岸植物の現地調査を行いました。

2現地調査について

海岸植物の現状を確認するため、下記のとおり現地調査を行いました。
※調査協力:「横須賀市自然・人文博物館」及び「横須賀植物会」

(1)調査場所

横須賀市内の自然海岸のうち、アクセスの良さ、安全性を考慮し、次の10箇所を調査場所として選びました。

自然海岸の植生調査マップ

(2)調査内容

  • 調査期間:2年間(平成24年度:東京湾側、平成25年度:相模湾側)
  • 調査回数:各調査箇所につき年3~4回(季節ごとに実施)
  • 調査範囲:自然海岸及びその後背地
  • 記録内容:調査場所内の環境(砂浜、草地、磯、岩礁、海崖等)ごとに、当日確認できた種及び場所を記録

3調査結果

調査場所では、多様な海岸植物が確認できました。また、多くの場所は一般の人が観察を楽しめる場所であることが分かりました。

(1)横須賀の海岸植物の特徴

三浦半島は、荒崎の海岸段丘、走水の砂浜、観音崎の磯といったように、海岸線の変化に富んでいるだけでなく、猿島や天神島のような小島もあるため、植物相が豊かであり、神奈川県の他地域ではほとんど見られない種を含め、多くの海岸植物が見られます。

(2)地域別の特徴

地域名をクリックすると各地域の説明ページに移ります

  1. 猿島
  2. 走水
  3. 観音崎
  4. 燈明堂
  5. 久里浜港
  6. 野比~津久井浜
  7. 荒崎
  8. 小田和湾
  9. 天神島臨海自然教育園
  10. 秋谷~久留和

4保全に向けて

海岸の植物は、強風・塩害・水分不足・強い日射などの厳しい環境に生育しており、生育地は帯状で狭く、その他人為的な要因も含めて消失する可能性があります。今後は、出来る限り保全に配慮しつつ、注意深く見守っていく必要があります。

5観察をされる方へ

以下の点に注意をし、観察を楽しみましょう

  • 満潮の場合、近づけない箇所があります。観察の際には事前に潮見表を確認しましょう。
  • 悪天候時に海に近付くのは大変危険です。観察は好天時に行いましょう。
  • 海岸植物には崖地に生息する種もあります。観察の際は足元に注意が必要です。また、崖地はとても危険です。無理に近付かないようにしましょう。
  • 観察をする際には、植物の踏みつけに気を付けましょう。

お問い合わせ

環境政策部自然環境共生課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 自然環境共生課」で届きます>

電話番号:046-822-8331

ファクス:046-821-1523 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?