ホーム > くらし・環境 > 環境・身近な自然 > みどり施策・自然環境 > 学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業

更新日:2019年4月9日

ここから本文です。

学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業

平成29年度より、NPO法人三浦半島生物多様性保全と横須賀市の協働により、児童が学区内を探検しながら身近な自然について学べる事業を開始しました。

本事業では、市内の小学校4~6年生を主な対象として、市内46学区ごとに自然の特徴などをまとめた「横須賀身近な自然を知るマップ」をもとに、総合的な学習の時間などを使って授業を行っています。

活動風景座学

1事業の目的

市内小学校の児童に、学区内の身近な自然に触れ合いながら学ぶ機会を提供し、児童の自然に対する興味や理解を深め、自然保護の意識を高めます。

23年間の事業目標

本事業は、本市の平成29年度企画提案型市民協働モデル事業でとして採択されたもので、目的の実現に向け、以下を目標として取り組みを進めます。

  • 3年間で、できる限り多くの小学校に学ぶ機会を提供する
  • 多くの小学校に事業が認知され、持続的な事業の実施を目指す
  • 小学校、市民団体、市の連携を深め、持続的に実施していく体制を整える

3平成29年度の実績

平成29年度は、以下の市立小学校で事業を実施しました。

4平成30年度の実績

平成30年度は、以下の市立小学校で事業を実施しています。

お問い合わせ

環境政策部環境企画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 環境企画課」で届きます>

電話番号:046-822-8327

ファクス:046-821-1523 

環境政策部自然環境共生課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 自然環境共生課」で届きます>

電話番号:046-822-8331

ファクス:046-821-1523

事業に関するお問い合わせは環境企画課、
知るマップに関するお問い合わせは自然環境共生課へ。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?