ホーム > よくある質問 > 環境・身近な自然 > 環境対策(大気・水質・騒音・振動・土壌・アスベスト等) > PM2.5はどのようにして発生しますか

更新日:2018年8月7日

ここから本文です。

PM2.5はどのようにして発生しますか

質問カードNO:4396

質問

PM2.5はどのようにして発生しますか

回答

物の燃焼などによって直接排出されるもの(一次生成)と硫黄酸化物、窒素酸化物、揮発性有機化合物等のガス状物質が、環境大気中での化学反応により生成されたもの(二次生成)とがあります。一次生成粒子の発生源としては、ボイラーや焼却炉などばい煙を発生する施設、コークス炉や鉱物堆積場など粉じん(細かいちり)を発生する施設、自動車、船舶、航空機などのほか、土壌、海洋、火山など自然由来のものや越境汚染による影響もあります。また、家庭内でも、喫煙や調理、ストーブなどから発生します。

お問い合わせ

環境政策部環境管理課 担当:大気環境係

横須賀市小川町11番地 本館2号館5階<郵便物:「〒238-8550 環境管理課」で届きます>

電話番号:046-822-8328

内線:2381

ファクス:046-823-0054

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?