ホーム > くらし・環境 > 環境・身近な自然 > 環境対策(大気・水質・騒音・振動・土壌・アスベスト等) > 環境法令及びその手続き > PRTR制度

更新日:2017年2月17日

ここから本文です。

PRTR制度

PRTR制度とは

PRTR制度Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)とは、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表する仕組みです。日本では1999(平成11)年、「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(化管法)により制度化されました。

対象となる化学物質を製造したり使用したりしている事業者は、環境中に排出した量と、廃棄物や下水として事業所の外へ移動させた量とを自ら把握し、国に年1回届け出ます。国は、そのデータを整理し集計し、また、家庭や農地、自動車などから排出されている対象化学物質の量を推計して、2つのデータを併せて公表します。

届出対象となる事業者、対象物質、排出量の算出方法など、制度の詳細は独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)のPRTR制度(外部サイト)をごらんください。

 

制度の概要図

制度の概要図

ページの先頭へ戻る

届出について

届出は、都道府県を経由して国に行います。

横須賀市にある事業所の場合は、神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター(横須賀市日の出町2-9-19)環境部環境課が窓口となります。届出についての詳細は神奈川県PRTRの届出について(外部サイト)をごらんください。

ページの先頭へ戻る

PRTRのデータ

神奈川県内のデータは、神奈川県化学物質対策とPRTR(外部サイト)をごらんください。また、届出対象の事業所の個別データ等を取得されたい方は、環境省PRTRインフォメーション広場(外部サイト)をごらんください。

公表されているPRTRのデータを見ますと、届出対象外である一般家庭からも対象物質である直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(洗剤成分)、ジクロロベンゼン(衣類防虫剤成分)等が環境に排出されています。また、トルエン、キシレン等は自動車の排気ガスが主な排出源のひとつとなっています。

 

イラスト(洗剤)イラスト(自動車の排気ガス)

 

ページの先頭へ戻る

関連サイト

ページの先頭へ戻る

環境法令及びその手続きへ戻る

お問い合わせ

環境政策部環境管理課

横須賀市小川町11番地 本館2号館5階<郵便物:「〒238-8550 環境管理課」で届きます>

電話番号:046-822-8329

ファクス:046-823-0054

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?