ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年5月) > 水銀使用廃製品(水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計等)の回収結果について(2017年5月26日)

更新日:2017年5月26日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

水銀使用廃製品(水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計等)の回収結果について(2017年5月26日)

本市では、環境省が実施する水銀使用廃製品の回収に係るモデル事業(平成29年1月4日から同年1月31日)に参加し、市の施設(15か所)に加え一般社団法人横須賀市薬剤師会の協力を得て、薬局(72か所)での拠点回収を開始しました。この度、回収結果がまとまりましたのでお知らせします。
なお、モデル事業は平成29年1月31日で終了しましたが、薬局には同年3月31日まで回収していただきました。

回収期間

平成29年1月4日から同年3月31日

回収方法

市の施設及び薬局店頭に専用の回収ボックスを設置し、家庭で使用していない水銀体温計等を市民の皆様方に持ち込んでいただいた。

回収結果

 

平成29年1月

平成29年2月

平成29年3月

水銀体温計(個)

1,010

509

349

1,868

水銀温度計(個)

50

6

5

61

水銀血圧計(台)

110

22

36

168

合計

1,170

537

390

2,097

(注)数値は市の施設と薬局の合計です。
(参考)平成27年度のモデル事業に参加した自治体のうち、本市と人口規模の近い自治体の体温計の回収実績は約600本/月でした。

4月以降の取り組み

薬局での回収は平成29年3月末をもって終了しておりますが、市の15施設(市役所、行政センター(9か所)、保健所、リサイクルプラザ、南処理工場、資源循環久里浜事務所、資源循環日の出事務所)では、引き続き回収を行っております。使用していない水銀体温計等は、早期に回収していきたいと考えております。

※モデル事業とは
環境省が、家庭内で使用されていない水銀体温計等を日本薬剤師会会員の薬局等を拠点に回収し回収効果等を検証したうえで、水銀体温計等の適正な分別・回収業務の全国展開を促進することを目的として実施するものです。

お問い合わせ

資源循環部資源循環推進課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階<郵便物:「〒238-8550 資源循環推進課」で届きます>

電話番号:046-822-8469

ファクス:046-823-0865

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?