ホーム > 産業・まちづくり > 産業廃棄物・事業ごみ > 事業者ごみ > 事業系剪定枝の持ち込み先の変更について

更新日:2020年1月17日

ここから本文です。

事業系剪定枝の持ち込み先の変更について

横須賀市三浦市ごみ処理広域化基本計画(平成21年3月策定)では、植木剪定枝は各市の対応により、資源化を行うこととしました。

この計画に基づき、一般廃棄物(ごみ)処理基本計画(平成29年3月策定)では、「横須賀ごみ処理施設(エコミル)」の稼働までに、事業系剪定枝を焼却処理から民間の資源化処理施設で処理する計画としています。

このため、令和元年(2019年)11月1日から、事業系剪定枝は市の焼却工場には持ち込みできなくなりました。

民間の資源化処理施設等はリーフレットを確認してください。資源化できない草等の持ち込み施設の変更時期が変わりましたので、ご注意ください。

リーフレット「事業系剪定枝の持ち込み先が変わります」(令和元年12月13日修正版)(PDF:327KB)

(ー参考ー)「事業系剪定枝の処理に関するQ&A」(令和元年12月13日修正版)(PDF:135KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

資源循環部廃棄物対策課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 廃棄物対策課」で届きます>

電話番号:046-822-8523

ファクス:046-823-0865

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?