ホーム > 産業・まちづくり > 産業振興 > 新サービス実用化支援事業補助金

更新日:2021年3月2日

ここから本文です。

新サービス実用化支援事業補助金(新しい生活様式への対応)

目的

市内の研究機関や企業では、新規性・先進性の高い研究や技術開発が行われています。
これら技術の実用化にあたり、市内中小企業と連携・協働した取り組みを促すことで、市内での先進技術の普及活性化を目指します。

このような新サービスの実用化のために市内中小企業と協働して実施する事業で、特にコロナ対策に資する事業を支援するため、「新サービス実用化支援事業補助金」を創設します。

補助対象

・市内中小企業(協同組合を含む)と市内の研究機関や企業が協働した取組みであること(申請者は、市内中小企業)
・新規性・先進性の高い技術などを活用し、実用化する取組み(実際に、市民・市内事業者がサービスの提供が受けられる)であること
・その技術の実用化で市内産業の発展や公共の利益に寄与すること
・新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に資する「新しい生活様式」に対応した取組みであること

補助額

総事業費の4分の1(上限額10,000千円)

事業実施期間

補助金交付決定日から令和4年3月31日

募集について

締切は令和3年3月26日(金)
※取組み内容について下記事業計画を作成いただき、
 ヒアリングをさせていただきます。
 詳細は経済企画課(TEL046-822-9523)までお問い合わせください。

 【参考】事業計画書(様式任意)(ワード:20KB) 

補助申請手続に必要な書類

  • 申請書(ヒアリング後にお渡しします)
  • 役員等氏名一覧表(ヒアリング後にお渡しします)
  • 事業計画書(様式任意)
  • 登記事項証明書(法人)又は個人事業の開業届出書の写し 
  • 事業費が分かるものの写し

お問い合わせ

経済部経済企画課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 経済企画課」で届きます>

電話番号:046-822-9523

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?