ホーム > 産業・まちづくり > 産業振興 > 中小企業等家賃支援臨時給付金

更新日:2021年1月30日

ここから本文です。

中小企業等家賃支援臨時給付金

申請受付は終了しました。

 

新型コロナウイルス感染症の流行拡大の影響から大幅に売上げの減少した市内中小企業等を対象に、家賃負担を軽減する「横須賀市中小企業等家賃支援臨時給付金」を創設し、次のとおり、申請受付を開始しました。

臨時給付金のご案内(ちらし)(PDF:171KB)

横須賀市中小企業等家賃支援補助金の交付を受けた方には申請書類を郵送しました

給付額

8万円(定額)

対象事業者

(1)令和2年9月以前に開業した者で、市内の店舗・土地等を3か月以上継続して賃借し、事業運営をしている下記の者
 1.中小企業、個人事業主、事業協同組合
 ※中小企業支援法第2条第1項第1号から第4号に規定する者
 2.NPO法人
 ※従業員数300人以下で収益事業を行っていること。
 (従業員数300人以下は、中小企業支援法の製造業、その他業種の「常時使用する従業員数の数」を適用)
 3.医療法人、一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人等
 ※1 公共法人、政治団体、認可地縁団体、宗教上の組織もしくは団体を除く。
 ※2 資本金(出資)の額など、法人の規模が中小企業支援法の規定を満たしていること
(2)下記のいずれかの要件に該当すること。
 ・令和2年10月の売上げ等が、令和元年10月に比べ20%以上減少
 ・令和2年11月の売上げ等が、令和元年11月に比べ20%以上減少
 ・令和2年12月の売上げ等が、令和元年12月に比べ20%以上減少
 ※令和2年1月以降に開業した場合は、令和2年12月売上げ等が、令和2年10月から12月の3か月平均の売上げ等に比べ20%以上減少していること。
(3)市税の滞納がないこと。
(4)横須賀市暴力団排除条例(平成24年横須賀市条例第6号)第2条第2号に規定する暴力団でないこと及び代表者または役員が同条第3号に規定する暴力団でないこと。

 ※市外の賃借している事業用建物・土地は、対象外となります。

 ※令和2年10月以降に開業した方は、対象外となります。

申請期間

令和2年12月1日(火曜日)から令和3年1月29日(金曜日)まで(郵送の場合、1月29日消印有効) 

申請書式

(1) 横須賀市中小企業等家賃支援補助金を交付された方

 市から申請書類一式を事業所へ郵送しました

 専用の申請書類と該当月の売上げのわかる書類を郵送してください(〒238-8550 横須賀市経済企画課 行)。

(2) 新規で申請される方

 以下、1~7の書類を郵送してください(〒238-8550 横須賀市経済企画課 行)。

 ※新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、郵送申請にご協力をお願いいたします

 ※ご不明な点等がありましたら、来場なされずお電話でお尋ねください。

 1臨時給付金交付申請書・請求書(かんたん作成エクセルシート

 (手書き用申請書(PDF:130KB)、手書き用請求書(PDF:135KB(PDF:130KB)))

 ※申請書記載例(PDF:305KB) 請求書記載例(PDF:235KB)

 2提出書類チェックシート(PDF:142KB)(連絡担当者等も記入してください)

 3該当月の売上げのわかる書類

 4不動産賃貸借契約のわかる書類

 5登記事項全部証明書写(法人)、確定申告書写・開業届写(個人事業主)

 6賃借している場所で事業をしていることを証する書類(営業許可証、パンフレットなど)

 7事業所と自宅を兼用している場合、事業所部分のわかる書類(確定申告書など)該当者のみ

 (参考)添付書類の見本(PDF:750KB) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部経済企画課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 経済企画課」で届きます>

電話番号:046-822-8122

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?