ホーム > 産業・まちづくり > 工業 > EV普及促進事業 > 横須賀 EV 創生 project

更新日:2016年12月12日

ここから本文です。

横須賀 EV 創生 project

電気自動車の本格普及を進めるため、平成27年6月3日に日産自動車株式会社と連携協定「横須賀 EV 創生 project」を締結しました。この協定により、他自治体の規範となるような先進的な取り組みを検討・実行し、EV本格普及のムーブメントを創生することを目指します。

また、EVの本格普及が進むことにより、自動車に関連する通信、電気、部品、素材をはじめとしたEV関連産業の活性化、EVの新たな価値を活かしたモデル社会づくりとそのPRによる市の魅力的なイメージ発信、自動車を介した各種取り組みの実施による地域活性化、低炭素社会の実現など、さまざまな効果が期待できます。

協定の内容

1.「住む・働く・遊ぶ」どこでも充電可能な「日本一」の充電環境の整備

  • EVの強みである「自宅で満タン」の課題である集合住宅(新築・既築)への充電環境整備促進に関すること
  • EVの強みである「低ランニングコスト」を生かすことができ、かつ、CO2削減効果が高い通勤車両の電動化促進、それに資するワークプレイスチャージング(職場でのEV充電)の推進に関すること
  • 主要誘客施設への整備や充電待ち解消のための整備など、本格普及段階を見越した充電インフラ先行整備の推進に関すること
  • 国家戦略特区も活用した各種規制緩和、充電インフラ整備意欲向上のための認定制度導入および環境関連施策における充電インフラ整備の位置付けの強化など、充電インフラ整備を進める環境づくりに関すること

2.EV生産「日本一」自治体として、ベンチマークとなる先駆的な普及施策の実行

  • 公用車としての率先導入や活用による好事例づくり、横須賀市職員による通勤モニター実施など、連携した取り組みに関すること
  • 購入補助制度の充実の検討など、EV普及の加速化に関すること

3.EVを新たな街づくりの礎として活用する「日本一」のモデルの発信

  • 災害時におけるEVの活用による安全・安心な街づくりなど、横須賀市のブランド力向上に関すること
  • 自動車関連産業振興による地域活性化の推進と市民へのEV普及の理解促進に関すること

 

お問い合わせ

経済部企業誘致・工業振興課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 企業誘致・工業振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8290

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?