ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 港湾 > ようこそ横須賀港へ > 久里浜港ポートセールスについて

更新日:2018年4月12日

ここから本文です。

久里浜港ポートセールスについて

1久里浜港の位置

久里浜港は、下の地図のとおり、首都圏の物流を支える東京湾の湾口に位置し、都心から約50km、横浜から約30kmの場所にあります。

首都圏地図

 

2これまでの経緯

久里浜1号岸壁は、平成6年から平成13年にフェリー用の岸壁として建設され、平成16年4月から、大分-久里浜間のフェリーが就航していました。しかし、C重油の高騰により、平成19年9月に廃業しました。

以後、久里浜1号岸壁の利活用のため、カーフェリー、RORO船等のポートセールスを行っています。

久里浜港地図

 

3久里浜1号岸壁について

久里浜1号岸壁の施設概要としては、延長260m、水深-7.5m、接岸能力16,000GTで、一部、耐震強化岸壁となっています。フェリー用の岸壁として造られたため、大型防舷材、係船柱、照明灯などの施設が充実しています。

 

久里浜1号岸壁詳細

 

4久里浜港のメリット

久里浜港は、東京湾内で唯一、浦賀水道航路を通らずに入港できる港です。東京湾奥に入る場合に比べ、燃料代の削減、時間の短縮が可能です。

浦賀水道航路

 

また、東京などの大消費地に近く、高速道路網の整備により、最寄りの佐原インターチェンジから、下の地図のように短時間で移送することが出来ます。なお、実際に久里浜港を使っていただける場合、インセンティブ(優遇措置)を考えています。

 

高速道路網図

 

ぜひ一度、試験的に久里浜港に寄港してみませんか?

お問い合わせ

経済部企業誘致・工業振興課 担当:ポートセールス担当

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 企業誘致・工業振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8076

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?