ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2019年5月) > 東京大学大学院開教授がYRPを拠点にテーラーメイド学習支援の研究を実施(2019年5月24日)

更新日:2019年5月24日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

東京大学大学院開教授がYRPを拠点にテーラーメイド学習支援の研究を実施(2019年5月24日)

 東京大学大学院総合文化研究科の開一夫教授らは、EdTechと認知科学・脳科学を融合させたテーラーメイド学習支援技術の実証実験に着手されます。

 この研究開発を行うにあたり、同教授らは、東京大学大学院総合文化研究科に加え、YRP(横須賀リサーチパーク)内の「横須賀市産学官交流センター」を研究拠点とすることとなりましたので、お知らせします。

 また、この実証実験を行うにあたり、同実験の協力校である三浦学苑高等学校において、別紙のとおり記者会見及びデモンストレーションを行います。

 横須賀市は、今後もYRPを拠点とし、産学官連携による先進技術研究を積極的に支援してまいります。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部企業誘致・工業振興課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 企業誘致・工業振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8125

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?