ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2020年11月) > 横須賀市と楽天、包括連携協定を締結(市長記者会見)(2020年11月18日)

更新日:2020年11月18日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

横須賀市と楽天、包括連携協定を締結(市長記者会見)(2020年11月18日)

自動配送ロボットによる無人配送サービスに向けた公道実証など6項目において連携

横須賀市と楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、地域の一層の活性化および市民サービスの向上を目指した包括連携協定を締結しましたので、お知らせします。神奈川県内で楽天が包括連携協定を締結するのは今回が初めてとなります。

本協定に基づき、横須賀市と楽天は、以下6項目において、連携および協働します。

包括連携協定の主な内容

(1)UGVやドローンによる無人配送と安全な空域管理による地域課題の解決に関する事項
(2)観光振興の推進に関する事項
(3)ふるさと納税の推進に関する事項
(4)市内事業者のEC化促進に関する事項
(5)高校等と連携した人材育成支援に関する事項
(6)横須賀のまちの活性化等に関する事項


横須賀市と楽天は2019年より、「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環として、自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)やドローンを活用した一般利用者向け配送サービスを期間限定で提供してきました。今後も2020年12月に開始を予定している市内住宅地での自動配送ロボットの公道走行実証をはじめ、地域課題を解決する無人配送の実現に向けてさらなる連携を推進していきます。
また、楽天グループが持つEコマースやデジタルマーケティングに関わるテクノロジーを活用して、横須賀市のさらなる活性化を目指します。具体的には、「楽天ふるさと納税」、「楽天トラベル」、「楽天市場」などのサービスを通じて、横須賀市の産品や体験観光の魅力を多くの方に対して発信していきます。
横須賀市と楽天は、これまでの取り組みを深化させ、新たな分野においても協働し、横須賀市の持続的な地域経済発展に貢献することを目指してまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部創業・新産業支援課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 創業・新産業支援課」で届きます>

電話番号:046-822-9955

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?