ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2021年1月) > 沿道状況センシングシステムの共同開発に着手(2021年1月26日)

更新日:2021年1月26日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

沿道状況センシングシステムの共同開発に着手(2021年1月26日)

~車載型エッジAIを活用し、道路や歩行者の状況を可視化~

 ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジの一環として、乗用車等に後付けする先進安全運転支援システムの活用について、横須賀市を含む以下の 5社が共同研究に着手します。

  • 横浜国立大学 持続可能なモビリティシステム研究拠点
  • LocaliST株式会社(本社:光の丘3-4)
  • 株式会社モービルアイジャパン(本社:東京都港区)
  • 丸紅株式会社(本社:東京都中央区)
  • ESRIジャパン株式会社(東京都千代田区)
  • 横須賀市

実験概要

 市販化されている安全運転支援システム(前方接近警告や車線逸脱警告)のセンサーから収集できる道路や歩行者に関する情報をAIで分析し、道路等のインフラ維持管理や交通安全、その他さまざまな分野での活用の可能性について検討します。
 本市は、公用車10台に同装置を設置することと、収集したデータの道路維持業務への活用の可能性の検討で本事業に参画します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部創業・新産業支援課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 創業・新産業支援課」で届きます>

電話番号:046-822-9955

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?