ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2021年3月) > 5Gと高速AIディープラーニングを活用「鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視システムの構築に成功」

更新日:2021年3月26日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

5Gと高速AIディープラーニングを活用「鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視システムの構築に成功」

横須賀市では土木インフラ分野への応用可能性について、引き続き検討を進めます。

中央復建コンサルタンツ株式会社、株式会社NTTドコモ、京浜急行電鉄株式会社、横須賀市の4者で組織するコンソーシアムが行う実証実験では、通常時の車両監視と災害時を想定した線路点検において、4K映像を5Gで伝送し、網内クラウド環境にて高速AIディープラーニングにより解析した後、解析結果を遠隔地(監視所)にリアルタイム配信する技術を国内で初めて実現しました。

本実証実験は、総務省事業「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証に係るインフラ分野におけるローカル5G等の技術的条件及び利活用に関する調査検討(遠隔・リアルタイムでの列車検査、線路巡視等の実現)」を受託して実施したものであり、本市では「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」のプロジェクトとして参画したものです。

本市では、引き続き各社と連携し、同システムの鉄道分野以外への横展開として、道路などの土木インフラ分野への応用の可能性(インフラモニタリングなど)について検討を進めてまいります。

詳細は添付資料をご覧ください。



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部創業・新産業支援課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 創業・新産業支援課」で届きます>

電話番号:046-822-8125

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?