ホーム > 産業・まちづくり > 農林水産業 > よこすか海の幸フェア > 浜メシ!第5回(平成27年7月2日~7月25日)掲載分

更新日:2017年2月13日

ここから本文です。

浜メシ!第5回(平成27年7月2日~7月25日)掲載分 

海男(おとこ)の浜焼きそば

サザエ丼

カマスの酢〆

イナダのしゃぶしゃぶ

 

海男(おとこ)の浜焼きそば 

~魚介の旨み、タコの食感、「こんまく(ものすごく)うめ~よ!」~

海男の浜焼きそば

協力:大楠漁協青年部のみなさん

材料(分量はお好みで)

【特製ダレ】

以下の分量は1リットル作る場合の目安です。

お好みで調整してください。

素材の味を活かすため、薄味にしておくのがポイント!

  • 鶏ガラスープ(顆粒)…小さじ2
  • 酒…40cc
  • みりん…40cc
  • 塩…大さじ1
  • お湯…200ml
  • 水…適量

 

【焼きそば】

  • イカ(下茹でしたもの)
  • タコ(下茹でしたもの)活タコの茹で方は下記参照
  • 長ネギ(小口切りにしておく)
  • しらす(釜揚げ・しらす干しどちらでもOK)
  • 紅しょうが
  • 中華めん
  • サラダ油
  • ごま油
  • こしょう
  • ガーリックパウダー

 

作り方

【活タコの茹で方】

1.タコがひたひたに浸かるくらいの大きさの鍋にお湯を沸かす。

2.沸騰したら火を止めて、タコを鍋に入れて30秒~1分くらい待ち、タコを取りだす。

3.タコは冷蔵庫でしっかりと冷ましてから使う分だけスライスする

【浜焼きそば】

1.鉄板にサラダ油をひき、イカを炒める。

2.中華めんを加えてさらに炒め、特製ダレを回しかけてよく炒める。

3.塩・こしょうを軽く振り、ごま油をかけて味を調える。

4.皿に「3.」の焼きそばを盛り付け、スライスしたタコ、しらす、長ネギ、紅しょうがをのせればできあがり。

  • ここがポイント!イカは良いダシが出るので、めんと一緒に炒め、タコはやわらかい食感を楽しむために最後にトッピングします。

←撮影にご協力いただいた大楠漁協青年部のみなさん。

第5回分トップへ

 

 サザエ丼

~漁師のごちそうごはん。コリコリ食感がたまらない!~

サザエ丼

協力:長井・房竹丸さん

材料(1人前)

  • サザエ…1個
  • きぬさや(季節の野菜をお好みで)…適量
  • 生卵…1個
  • めんつゆ…大さじ3
  • 酒…小さじ1
  • 砂糖…小さじ1

作り方

  • 手順1~8まではサザエの下処理です

1.ナイフ等を貝柱に沿って差込み回しながら、サザエのフタを引き外す

2.フタと身を取り出した後、指を貝柱に沿うように回し入れて、貝柱と残った肝を取り出す

3.とりだしたサザエの中身がこちら

 

4.苦味のある肝は取り除き、よく洗う

↑サザエ丼に使う部分はこれ。貝柱とフタ付きの身。

5.身とフタと切り離す

6-1.口(赤い部分)を取り除く

6-2.口を取り除いた身がこちら

7.身(サザエの“足”の部分)はぬめりがとれるまでしっかり水で洗った後、うすくスライスする

8.貝柱は角切りに切る

ポイント!角切りにして貝柱のコリコリ食感を楽しんで

10.丼ぶりを作る準備(1人前の目安はこちら)

 

 

9.小鍋にめんつゆ、酒、砂糖を入れて軽く混ぜ、刻んだサザエときぬさやを加えひと煮立ちさせる

10.弱火にして溶いた卵を混ぜ入れる

 

11.フタをして1分程待つ

12.どんぶりに盛ったごはんの上に乗せれば完成!

 

 

←撮影にご協力いただいた長井・房竹丸の宮川さん。

 

(イナダのしゃぶしゃぶも宮川さんに調理していただいたものです!)

第5回分トップへ

 

カマスの酢〆 

~初夏にぴったりの爽やかな逸品。皮を炙っても旨い!~

カマスの酢〆

協力:長井・はじめ丸さん

材料(1~2人前)

  • カマス…1尾
  • 塩…適量
  • 酢(できれば米酢)…180ml程度

作り方

  • 手順1~3まではカマスの下処理です

1.うろこを取る

ポイント!ペットボトルのキャップを使うと鱗が飛ばず後片付けもしやすい!

2.三枚におろす

3.小骨を取る

4.バットに入れ、両面に塩をよく振った後、5~10分程度待って余分な水分を出す

5.塩をよく洗い流してからキッチンペーパーなどで水気を取り、酢と一緒に袋に入れ、冷蔵庫で15分程度待つ

ポイント!ファスナー付きの袋を使い、空気をよく抜けば、酢の量を減らすことができる

6.お好みで皮をバーナーで炙る(なければコンロでOK)※炙った皮は崩れやすいので切ってから炙ってもよい

ポイント!身と皮の間の脂が旨い魚なので、炙ると風味がさらによくなる

7.食べやすい大きさに切り、皿に盛付ければ出来上がり

3.の後、そのまま刺身で食べても美味!

炙った酢〆と食べ比べてはいかが?

第5回分トップへ

 

イナダのしゃぶしゃぶ 

~刺身にひと手間加えて!さっぱりとした味わい!~

イナダのしゃぶしゃぶ

協力:長井・房竹丸さん

材料(1~2人前)

  • イナダ…1尾
  • きぬさや(季節の野菜)…適量
  • めんつゆ…大さじ3

作り方

  • 手順1~3まではコノシロの下処理です

1-1.三枚におろす1.

1-2.三枚におろす2.

1-3.三枚におろす3.

2.腹骨をすき取る

3.中骨(血合いについている骨)と一緒に血合いを取り除く

4.皮を引く

5.刺身にする(このまま食べてももちろん美味しいです!)

ポイント!活けの場合は薄く切ること(厚いと食感が固い)1日冷蔵庫で寝かせれば厚く切ってもOK!

6.沸騰した湯に入れ、色が白っぽく変わったらすぐに取り出す(目安は数十秒)

 

7.皿に取り出し、季節の野菜を添え、ポン酢かしょうゆをお好みでかければ完成!

イナダのしゃぶしゃぶとサザエ丼。

どちらもお手軽料理ですので、どうぞお試しあれ!

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

経済部農業水産課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 農業水産課」で届きます>

電話番号:046-822-8298

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?