ホーム > 産業・まちづくり > 農林水産業 > よこすか海の幸フェア > フェア食材の紹介

更新日:2017年4月6日

ここから本文です。

フェア食材の紹介

サバの説明

 

養殖カキの説明

ノリの説明

ワカメの説明

 

これまでのフェア食材はこちらから

第1期(平成26年9月~平成27年7月)

第1回(平成26年9月25日~10月18日)サバ、マアジ、カツオ、近海マグロ

第2回(平成27年2月5日~2月28日)養殖カキ、カワハギ、ノリ、ワカメ

第3回(平成27年4月9日~5月2日)イカ、ヒジキ、カタクチイワシ(シコイワシ)

第4回(平成27年6月4日~6月27日)マアジ、サバ、イワシ、コノシロ

第5回(平成27年7月2日~7月25日)地ダコ、サザエ、カマス、イナダ、マアジ

第2期(平成27年9月~平成28年7月)

第6回(平成27年9月24日~10月17日)カツオ、近海マグロ、マアジ、秋サバ

第7回(平成28年2月4日~2月27日)養殖カキ、ノリ、ワカメ、寒サバ

第8回(平成28年4月14日~5月7日)イカ、ヒジキ、イワシ

第9回(平成28年6月23日~7月16日)マダコ、サザエ、カマス、イナダ

第3期(平成28年9月~平成29年7月)

第10回(平成28年9月22日~10月15日)カツオ、近海マグロ、マアジ、秋サバ

 

横須賀の漁業

漁港の様子たくさんの人が働く漁港の様子漁港遠景

東は東京湾、西は相模湾の2つの湾に囲まれた横須賀市は、

沿岸漁業として県内第1位の漁獲量を誇っており、イワシ類、サバ類のほか、

数多くの種類を味わうことができます。

黒潮の流れに乗ってくるカツオ、マグロ類のような季節回遊魚も獲れる相模湾。

そして、潮とおしが良く、きれいな真水が湧き出る走水のように栄養豊かな漁場を持つ東京湾。

全国有数の漁獲量とはいえませんが、2つの異なる漁場を持つ横須賀市には様々な魚が水揚げされます。

横須賀市の有名な水産物としては、走水のノリ、佐島のタコなどが挙げられます。

また、県内有数の漁獲量を誇るサザエや猿島のワカメ「さるひめ」も注目されるところです。

横須賀市には、

東京湾側の横須賀市東部漁協、相模湾側の横須賀市大楠漁協と長井町漁協の合計3漁協があり、

それぞれ朝市や直販所で新鮮な魚の販売も行っています。

加えて、市内には常設の直売所である「よこすかポートマーケット」と「すかなごっそ・さかな館」があり、

新鮮な魚をいつでも買うことができます。

※神奈川県農林水産統計年報(平成24~25年)による

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

経済部農林水産課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 農林水産課」で届きます>

電話番号:046-822-8296

ファクス:046-821-0611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?