ホーム > 産業・まちづくり > まちづくり > 景観・屋外広告物・まちづくり協定・空き家対策・アーティスト村創出等 > 色彩景観形成地区 > 小川町マンション群色彩景観形成地区

更新日:2020年1月24日

ここから本文です。

小川町マンション群色彩景観形成地区

小川町マンション群全景

パンフレットデータ(PDF:484KB)

色彩景観づくりの進め方

よこすか海岸通りに連続してマンションが建並ぶ当該地区では、外壁等の塗替えを行う際に、地区独自の色彩指針にもとづき周辺と調和のとれた色彩景観の形成を目指し、その外観の色彩について横須賀市と協議し、それぞれのマンション色彩を調整しています。
このように、色彩基準をもとに色彩をコントロールしていくことで、まちなみの連続性を保持し、隣接する建物や周辺の環境と調和させよこすか海岸通りの街並み色彩を創造しています。
また、当該地区では個々の建物の個性も大切に考え、単調な色彩景観となることを避けて通りに面する低層部では、基調色と調和する色相で明度や彩度を効果的に変化させ歩行空間への色彩演出も心がけています。

地区の範囲

■小川町21番地■小川町24番-4~5■小川町25番-4~5■小川町28番-1※区域図(PDF:4,115KB)

地区の色彩指針

■色彩基準
○ベースカラー
建物の中高層部分の外壁基調色は、落ち着いた統一性が保持されるよう地区周辺の見慣れた色相(黄赤、黄)を基本に、明度や彩度を次の範囲で考えましょう。

色彩基準(ベースカラー)(マンセル表色系)
色相 明度 彩度
見慣れた色相(YR(黄赤)・Y(黄)) 8.0~9.0 2.0以下
その他の色相および無彩 8.0~9.0 0.5以下(無彩は明度のみ)

アシストカラー
建物の低層部(GL+10m以下または3層まで)の外壁の色彩は、建物の個性を活かし色彩景観が単調となることを避けるために、よこすか海岸通りに面する外壁面では、次の範囲内の基調色と調和する色相で、明度や彩度に効果的な変化を持たせましょう。

 

色彩基準(アシストカラー)
色相 明度 彩度
見慣れた色相(YR(黄赤)・Y(黄)) 4.0~8.0 6.0以下
その他の色相および無彩 4.0~8.0 2.0以下(無彩は明度のみ)

 

色彩基準(屋根)
色相 彩度
R(赤)及びYR(黄赤) 6.0以下
Y(黄) 4.0以下
その他の色相 2.0以下

 

アクセントカラー
デザイン的な色彩効果を高めるために、アクセントカラーを使用するときには小面積(基調色の1割程度以下)として、多色の使用は避け本市の指名する専門家のアドバイスを受けます。

 

 

■配慮事項
建築物の色彩は、まちなみの連続性を保持するものとし、隣接する建物や周辺の環境と調和する落ちついたものとしましょう。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市部まちなみ景観課 担当:景観担当

横須賀市小川町11番地 分館3階<郵便物:「〒238-8550 まちなみ景観課」で届きます>

電話番号:046-822-8377

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?