ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2019年3月) > 市営住宅使用料(家賃)の算定誤りについて(2019年3月15日)

更新日:2019年3月15日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

市営住宅使用料(家賃)の算定誤りについて(2019年3月15日)

市営住宅の家賃算定に誤りがあり、平成23年度から平成30年度まで、過大または過小の家賃を徴収していたことが判明しました。

1.経緯

3年に一度行う固定資産税の評価替えに伴い、平成31年度の市営住宅の家賃の算定を行ったところ、前回、平成28年度の家賃算定に誤りがあることが分かりました。

そのため、公営住宅法等およびそれに基づく通達等による家賃算定に係るその他の数値を確認したところ、平成23年度から平成30年度までの家賃算定でも誤りが判明いたしました。

(1)算定誤りの原因

固定資産評価に係る数値を間違えてシステムに入力したことや、損害保険料率の数値を間違えたことなどから、家賃を誤って算定しました。

(2)算定誤りの状況(退去者を含む)

  • 過大徴収(8年分合計・概算値)

約600戸

金額約1,000万円

  • 過小徴収(5年分合計・概算値)

約2,200戸

金額約1,400万円

各戸別に対象年度ごとに毎月の家賃の確認が必要なため、現時点ではまだ精査中です。

2.対応

該当する方々に戸別に訪問等を行い、家賃の算定誤りについてのおわびと、今回の経過について丁寧に説明を行ってまいります。過大徴収額については還付を行い、過小徴収額については追加の納入をお願いしてまいります。

3.再発防止策

今回のような算定誤りが二度と起こらないよう、チェック体制の強化を図ります。

(1)家賃算定のマニュアルおよびチェックリストの再構築を行い、計算ミスのないよう、再発防止を図ります。

(2)家賃算定のシステムへの入力の際、法令に基づく数値の確認を複数の職員で厳格に行い、二重点検を徹底するなど、チェック体制の強化を図ります。

お問い合わせ

都市部市営住宅課

横須賀市小川町11番地 分館3階<郵便物:「〒238-8550 市営住宅課」で届きます>

電話番号:046-822-9451

ファクス:046-822-8537

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?