ホーム > よくある質問 > 住まい > 敷地が土砂災害警戒区域(イエローゾーン)または、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定された場合の建築基準法の規制について知りたい。

更新日:2019年5月14日

ここから本文です。

敷地が土砂災害警戒区域(イエローゾーン)または、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定された場合の建築基準法の規制について知りたい。

質問カードNO:7740

質問

敷地が土砂災害警戒区域(イエローゾーン)または、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定された場合の建築基準法の規制について知りたい。

回答

土砂災害警戒区域(イエローゾーン)内で、建築基準法の規制はありません。
土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内に居室を有する建築物の新築・増築等を行う場合は建築基準法施行令第80条の3の規定により、外壁等を鉄筋コンクリート造等にする必要があります。また、横須賀市建築基準条例第5条(がけの擁壁)が併せて適用される場合があります。

お問い合わせ

都市部建築指導課 担当:建築審査第一、第二係 構造担当

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 建築指導課」で届きます>

電話番号:046-822-8322

ファクス:046-825-2469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?