ホーム > くらし・環境 > 環境・身近な自然 > みどり施策・自然環境 > ナラ枯れ被害木処理支援金

更新日:2021年5月24日

ここから本文です。

ナラ枯れ被害木処理支援補助について

 本年度(令和3年度)からナラ枯れ被害木処理支援補助事業の運用を開始します。周辺に被害を与える可能性のある、ナラ枯れ被害木の処理に必要な費用に対する補助金の活用を検討されている場合は、自然環境共生課までにご相談ください。

※必ず伐採前にご相談いただくようお願いいたします。

 

補助金の目的

 市内では、ブナ科樹木にナラ菌(カシノナガキクイムシが媒介)による「ナラ枯れ」被害が急激に拡大しており、その一部は、倒木により隣地や市民生活等に危険をもたらす可能性があります。しかし、被害木の処理には高額な費用が掛かるため放置されているのが現状です。

 そこで、新たに補助金制度を設けることで、危険性のあるナラ枯れ被害木が放置されることを防ぎ、市民の安全・安心のために被害木の処理を進めます。

立ち枯れフラス

 

補助対象

補助対象者

   個人の土地所有者又は管理者(所有者の同意を受けているものに限る)

補助対象となる行為

 (1)自己所有地に被害木があり自らの家屋等、生活の安全・安心を脅かす可能性があるナラ枯れ被害木の処理。

 (2)自己所有地内にナラ枯れ被害木があり隣接地に被害を与える可能性がある樹木の処理。

 (3)隣接地に被害を与える可能性があるナラ枯れ被害木の処理。

被害樹木伐採後の処分方法

 (1)焼却

 (2)破砕

 

補助金額

補助金額の算出方法

  (1)か(2)の低い金額

 ※1回の申請での上限は200,000円(申請は年度内に1回のみ)

 (1)補助金額算出表

被害樹木の直径 補助金額
20cm以下 14,000円/本
20cm以上 26,000円/本
30cm以上 33,000円/本
40cm以上 56,000円/本
50cm以上 97,000円/本
60cm以上 200,000円/本

 (2)実費の1/2 

補助対象経費となる費用

 吊るし切り等による伐倒費、チェーンソー運転費、燃料費、トラック運搬費用、粉砕処理費用、記録用写真作成費、諸雑費及び労務に対する保険料

 

補助金交付申請

申請手順

【 事前相談 】 補助金の対象になるかどうか事前相談
   ↓対象になる被害木だった場合
【 申 請 】 補助金申請必要書類の提出
   ↓申請書類の審査
  補助金交付決定の通知を受け取る
   ↓
【 被害木の伐採 】 被害木の処理
   ↓
【 実施報告 】

処理の実施報告の書類の提出 

※処理完了日から30日以内又は2月末日のいずれか早い日までに提出

   ↓実施報告書類の審査
【 補助金支払い 】 補助金の振込

申請書類

  1. ナラ枯れ被害木処理支援補助金申請書(専用書類あり)
  2. 事業計画書(専用書類あり)
  3. 対象木が存在する土地所有者を証明する書類
  4. 対象となる樹木の写真
  5. 被害木処理費用の見積書の写し(補助対象経費内訳の記載必須)

実績報告書類

  1. ナラ枯れ被害木処理実績報告書(専用書類あり)
  2. 請求書(専用書類あり)
  3. 申請時提出した写真と同じ位置から撮った伐採後の写真
  4. 伐採した木材の写真
  5. 被害木処理費用の領収書の写し

 

※ 補助金の申請を希望する方は、処理を実施する前に自然環境共生課へご相談ください