ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 港湾 > 横須賀港について > 公共ふ頭 > 新港ふ頭

更新日:2022年11月7日

ここから本文です。

新港ふ頭

横須賀港ロゴ1
公共ふ頭案内ロゴ

新港ふ頭ロゴ
新港ふ頭英語ロゴ

 

新港ふ頭案内図
公共係船岸(水深-4.5m以上)
施設名 延長 水深 接岸能力
新港1・2号岸壁 400m -10.0m 15,000×2(D/W)

新港

3号岸壁

240m -4.5m 700×4(D/W)

新港

4号岸壁

65m -4.5m 700×1(D/W)
新港1・2号桟橋 180m -5.5m 2,000×2(D/W)

新港

3号桟橋

130m -7.5m 5,000×1(D/W)

新港ふ頭をお使いになるには。

新・新港ドローン写真

新港地区では、完成自動車の輸出を行っているほか、北九州との間にフェリーが就航しています。

10バースと合計8.7haのふ頭用地を擁する横須賀港随一の規模を持った商港となっています。

当場所から、横浜横須賀道路「横須賀I.C」まで、県道28号(旧本町山中有料道路)経由で、10分です。

新港1~4号岸壁は東京湾区の強制水先区で、新港1~3号桟橋は横須賀区の強制水先区です。

 



横須賀港のトップページへ

 

お問い合わせ

建設部港湾管理課

横須賀市小川町11番地 2号館5階<郵便物:「〒238-8550 港湾管理課」で届きます>

内線:046-874-9017

ファクス:046-823-2691

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?