ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 港湾 > レジャー・公園 > 深浦・浦賀ボートパークの管理状況

更新日:2022年11月1日

ここから本文です。

深浦・浦賀ボートパークの管理状況

施設の管理状況<管理運営に対する市の評価>

下記対象施設の指定管理者による管理状況については、施設を所管する建設部(港湾担当部)港湾管理課が

定期的に現地調査等を行い、適正に管理されているかどうかを確認しています。

対象施設

 

 指定管理者の概要及び業務内容

名称
Maris&KMBP共同事業体(公益財団法人マリンスポーツ財団&(有)協立マリン)

 

所在地
東京都港区三田3丁目14番10号

代表団体
公益財団法人マリンスポーツ財団

代表者
会長 笹川 善弘

指定(管理)期間
2020年04月01日から2025年03月31日

業務
1.係留施設及び駐車場の使用許可及び取消しに関すること。
2.係留施設及び駐車場の使用並びに行為に係る料金の収入、免除及び還付に関すること。
3.ボートパークの施設及び設備の維持管理・運営に関すること。
4.その他市長が定める業務。

このページに関してのお問い合わせはこちらまで
建設部(港湾担当部)港湾管理課
TEL:046-822-9717

2022年度の評価

2022年9月

施設の清掃、緑地の植栽管理は計画のとおり適切に行われている。また、施設の小破箇所についても必要に応じて十分に修繕がなされている。

適切な執行体制が取られている。

係留施設の使用許可、変更許可及び一時係留許可の手続きも適切に処理されている。

台風の接近の際には、係留船舶の舫いの確認及び桟橋クリートの点検・補修を重点的に実施するなど係留施設と係留船舶の安全対策の強化に努めた。

また、本市が共催する事業である「うみかぜカーニバルin深浦ボートパーク」のイベント運営などに積極的に協力した。

以上より、ひと月をとおして施設管理・運営は良好である。

 

2022年8月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

十分な人員配置のもと、適切な執行体制が取られている。

係留施設の変更許可や、一時係留許可及び廃止手続きも適切に処理されている。

台風の接近の際には、係留船舶の舫いの確認及び桟橋クリートの点検・補修を重点的に実施するなど係留施設と係留船舶の安全対策の強化に努めた。

以上より、ひと月をとおして施設管理・運営は良好である。

 

2022年7月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

また、指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自身で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

十分な人員配置のもと、適切な執行体制が取られている。

係留施設の変更許可や、一時係留許可及び廃止手続きも適切に処理されている。

新型コロナウィルス感染拡大のため延期されていた、「横須賀の魅力再発見クルーズ」を深浦ボートパークで実施するなど、利用者へのサービスの提供に努めている。

以上より、ひと月をとおして施設管理・運営は良好である。

 

2022年6月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

十分な人員配置のもと、適切な執行体制が取られている。

係留施設の新規使用許可や一時係留許可手続きも適切に処理されている。

新型コロナウィルス感染拡大のため2年ぶりの開催となった、地元町内会主催の「クサフグ産卵観察会」の開催に協力するなど地域貢献に努めている。

以上より、ひと月をとおして施設管理・運営は良好である。

 

2022年5月

必要に応じた施設点検・植栽管理等が行われ、良好な施設管理がなされている。

5月より、定休日が無休の期間となったが、適切な管理体制がとられている。

目的に沿った施設運営が行われている。

クサフグの産卵期になり、来園者や問い合わせが増えているため、護岸の漂着物を回収するなど係留者以外の施設利用者にも配慮を行っている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2022年4月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設破損箇所の発見も迅速であり、日頃の点検が適切に行われていると評価できる。

仕様書のとおり十分な人員配置のもと、適切な体制がとられている。使用許可の年度更新業務については、適切に行われた。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年度の評価

2021年度(年度評価)

業務全般について、法令等を遵守し、誠実かつ積極的に業務は行われた。

必要十分な連絡・相談を行うとともに、指示に対して適切な対応を取った。

また、業務日報や帳票類の作成、整理及び保管は適切に行われた。

施設維持管理について、日常点検や日常清掃、植栽管理は適切に行われた。

また、指定管理者自身で可能な修繕は、積極的に自社で実施しており、経費の削減に努めた。更に、海上作業や故障船舶の牽引等に使用するための作業船を浦賀・深浦両ボートパークに配備し、施設の効率的な維持管理に努めた。

十分な人員配置のもと、適切な体制がとられた。

施設目的に沿って、利用者に公平なサービス提供が行われた。新規の係留許可や許可内容の変更事務については、遺漏なく適切に行われた。

例年、自主事業として実施している、地元町内会と共催の海に親しむイベントである「クサフグ産卵観察会」や、また、横須賀の海の魅力の発見と船の楽しさを体験するイベントである「横須賀の魅力再発見クルーズ」は、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて昨年度に引き続き中止となった。

台風接近の際には、事前にもやいや排水施設の点検をするなどの対策に努めた。

更には、本市の海洋プラスチックごみ対策アクション宣言賛同事業者として、海洋プラスチックごみ回収機「シービン」を浦賀ボートパークで稼働させるなど、環境問題に積極的に取り組んだ。

利用料金は適切に収納されており、管理運営に要する経費も施設の良好な維持管理のために支出されており、その収支は適正と認められた。

以上より一年間を通じて、施設の運営状況は良好であった。

 

2022年3月

施設・設備の点検、清掃、駐車場管理などは、仕様書のとおりに実施されており、管理状況は良好である。

適切な体制がとられている。日常の巡回等も遺漏無く行われている。

令和4年度係留許可申請手続きを順次適切に行っているが、申請書の内容及び添付資料の有無等、係留許可にあたり、今後も不備な点が無いように確認することと共に、個人情報の管理についても十分に注意を払っていただきたい。

 

2022年2月

誠実かつ積極的に業務を行っている。また、業務日報や帳票類の作成・保管は適切に行われている。

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

また、指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

適切な体制がとられている。また、適宜、施設内を巡回するなど適切に対処している。

係留施設使用許可の更新に伴う事務手続きは適切に進められている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2022年1月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕、点検及び植栽整備など積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

適宜、施設内を巡回するなど適切に対処している。

係留施設変更許可及び減免申請の手続きも適切に行われている。

以上より、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

2021年12月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

今月は、浦賀ボートパークについて、潜水作業の専門事業者に委託して貝落しを実施するなど、施設の適正な保守管理に努めている。

適宜、施設内を巡回するなど適切に対処している。

係留施設許可、係留施設変更許可及び減免申請の手続きも遺漏なく適切に行われている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年11月

設備の保守管理等は良好に行われている。

施設の日常清掃、植栽管理や漂着した流木等の処理についても、十分に行われており、適切な管理・運営がなされている。適宜、施設内を巡回するなど適切に対処している。

また、係留船舶のトラブルが発生した際には、サービスボートを使用し対応するなど、施設の安全管理に努めている。

係留施設使用許可の手続きや駐車場の減免処理についても適切に行われている。

指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年10月

施設の清掃、緑地の植栽、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

適宜、施設内を巡回するなど適切に対処している。

また、係留船舶のトラブルが発生した際には、サービスボートを使用し対応するなど、施設の安全管理に努めた。

係留施設使用許可の手続きや駐車場の減免処理についても適切に行われている。

10月20日より、海洋プラスチックごみ回収機「SEABIN」を浦賀ボートパークで稼働させるなど、本市の海洋プラスチックごみ対策アクション宣言賛同事業者として環境問題に積極的に取り組んでいる。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年9月

施設の清掃、緑地の植栽、漂着した流木の処理は適切に行われている。

適宜、施設内を巡回し、必要に応じサービスボートを使用した巡回も行うなど適切に対処している。

係留施設使用変更の手続きや廃止届、駐車場の減免処理についても適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている台風接近の際には事前にもやいや排水施設の点検をするなどの荒天対策に努めた。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年8月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的で積極的な維持管理が行われている。

適宜、施設内を巡回するなど適切に対処している。

一時係留施設使用許可や係留施設使用変更の手続き、駐車場の減免処理についても適切に行われている。

新型コロナウイルス感染症流行急拡大に伴い、8月23日より駐車場の一般利用を休止したが、利用者からの問い合わせに丁寧に説明し、理解していただくように努めた。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年7月

設備の保守管理等は、計画のとおり実施されており、施設の日常清掃についても、十分に行われている。

植栽や花壇の手入れも適切に整備されている。

また、サービスボートを使用し洋上点検を実施するなど施設の管理状況は良好である。

適宜、施設内を巡回するなど適切に対処している。

一時係留施設使用許可や、廃止届の手続きも適切に行われている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年6月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

今月は深浦ボートパーク芝生広場のベンチについて自主施工にて修繕を行うなど、施設の小破修繕も必要に応じて適切に行われている。

適切な体制がとられている。

係留施設使用許可や、係留施設使用変更許可の手続きも適切に行われており、施設の運営状況は良好である。

例年、開催に協力をしている地元町内会主催の「クサフグ産卵観察会」は新型コロナウィルス感染症流行拡大のため中止となったが、案内用に満潮時間を掲示するなど、係留施設利用者だけでなく地域貢献に努めている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年5月

誠実かつ積極的に業務を行っている。

また、業務日報や帳票類の作成・保管は適切に行われている。

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

今月は深浦ボートパークのトイレ施設の不具合に対し修繕を行ったが、状況を把握した上で再発防止に努めるなど、施設の使用環境の向上に努めている。

係留施設使用許可や一時係留許可、係留施設使用変更許可の手続きも適切に行われており、施設の運営状況は良好である。

夏のシーズンに向け整備を行う係留施設使用者に対し、機材の貸し出しや使用方法のアドバイスを行うなど利用者の利便性の向上や、安全啓蒙に努めている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年4月

誠実かつ積極的に業務を行っている。

また、業務日報や帳票類の作成・保管は適切に行われている。

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設破損箇所の発見も迅速であり、日頃の点検が適切に行われていると評価できる。

係留施設使用許可の更新に伴う事務手続きは適切に進められている。

また、係留施設の廃止届や一時係留許可の手続きも適切に行われており、施設の運営状況は良好である。

浦賀ボートパークのAバースの一部について、荒天時に高波等の影響を受けやすいため空席としていたが、有効活用できるように整備し、公平な募集を実施するためホームページとポスターにより公募を行い、抽選にて決定した。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2020年度の評価

2020年度分(年間評価)

 業務全般について、法令等を遵守し、誠実かつ積極的に行われた。

 施設維持管理については、日常清掃、漂着した流木の処理及び植栽管理は適切に行われている。

 また、指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自社で実施している。

 十分な人員配置のもと、適切な体制がとられている。

 また、深浦ボートパークでは、防犯カメラを増設し、利用者や近隣住民の安全・安心に配慮している。

 施設目的に沿って、利用者に公平なサービス提供が行われている。新規の係留許可や許可内容の変更事務については遺漏なく適切に行われている。

 例年、自主事業として実施している、地元町内会と共催で海に親しんでいただくイベントとして「クサフグ産卵観察会」や、また、横須賀の海の魅力と船の楽しさを体験していただく「横須賀の魅力再発見クルーズ」が新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け中止となってしまったが、浦賀ボートパークを会場とする初のオンライン開催となった「横須賀うみかぜカーニバル2020ノジマモールオンラインキッズActivity in浦賀」に協力するなど、新型コロナウィルスの感染拡大の中でも、安心して海に親しんでもらえるよう親水事業に努めた。

 さらに、関係機関の協力を得て、ボートパークスタッフを対象に「安全講習会」を開催し、心肺蘇生とAEDを使用した一次救命処置についてや、船舶事故防止に向けた講習を行うなど、施設運営に積極的に取り組んでいる。

 以上より、一年をとおして施設の管理運営状況は良好であった。

 

2021年3月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設破損箇所の発見も迅速であり、日頃の点検が適切に行われている。

適切な執行体制が取られている。使用許可の年度更新業務については、遺漏なく適切に行われた。

浦賀ボートパークのAバースの一部について、荒天時に高波等の影響を受けやすいため空席としていたが、有効活用できるよう努めた。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年2月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

適切な執行体制が取られている。

一時係留許可及び減免申請の手続きも、遺漏なく適切に行われている。

今月は、浦賀ボートパーク駐車場の利用者からの要望に対応するため飛来ごみ防止のネットを設置した。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2021年1月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

今月は敷地内の環境整備の一環として、深浦ボートパーク芝生広場内のワシントン椰子およびカイズカイブキの剪定を実施した。適切な執行体制が取られている。

係留施設許可、一時係留許可及び減免申請の手続きも、遺漏なく適切に行われている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われており、今後も引き続き、利用者の安全第一を心掛け、適切な業務を実施されたい。

 

 

2020年12月

 

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

今月は、深浦ボートパークのブイ係留施設について、潜水作業の専門事業者に委託して水中点検や貝落しを実施するなど、施設の適正な保守管理に努めている。

適切な執行体制が取られている。

係留施設変更許可、一時係留許可及び減免申請の手続きも適切に処理されている。

新型コロナウィルス流行拡大の影響で、係留施設利用者向けの安全講習会の開催が難しい状況であるため、現場スタッフに安全講習会を実施するなど係留施設利用者の安全確保に対する意識の高さが感じられる。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2020年11月

施設の管理、運営は適切に維持されており、管理棟入口に消毒液を設置するなど、新型コロナウィルスの対策も行っている。

作業船により、海上清掃や桟橋・係船浮標点検を実施するなど施設の運営状況は良好である。

適切な執行体制が取られている。

係留施設変更許可や減免申請の手続きも適切に処理されている。

また、市立小学校の修学旅行が中止になったことを受けて発足した「浦賀・鴨居6年生思い出プロジェクト」に協力し、イベントの円滑な進行を支援するなど、地域交流に積極的に取り組んでいる。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2020年10月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

今月は深浦ボートパークに防犯カメラを増設するなど施設の安全管理に留意している。

適切な執行体制が取られている。

係留施設の新規使用許可、係留施設変更許可の手続きも適切に処理されている。

また、台風14号に備え、点検や増し舫を行うなど適切に対応した。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

 

2020年9月

 

日常清掃、施設・設備の保守点検、駐車場管理、植栽管理は、計画のとおり実施されている。

また、施設の小破修繕についても必要に応じて適切に行われている。

今月は深浦ボートパークのEバース付近の浅瀬浮標ブイの貝落としを実施するなど施設の適正な管理に努めている。

管理の執行体制は、問題なく業務が遂行されている。

施設目的に沿って、公平な運営が行われている。

また、申請に対する処分も適切に処理されている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

 

2020年8月

 

施設・設備の点検、清掃、駐車場管理、植栽管理などは、仕様書のとおりに実施されており、管理状況は良好である。また、施設の小破修繕についても必要に応じて適切に行われている。

管理の執行体制は、問題なく業務が遂行されている。目的に沿った施設運営が行われている。

駐車場減免申請、廃止届及び変更届の手続も適切に行われており、施設の運営状況は良好である。

今月は浦賀ボートパークを会場とする初のオンライン開催となった「横須賀うみかぜカーニバル2020ノジマモールオンラインキッズActivity in浦賀」に協力するなど、新型コロナウィルスの感染拡大の中でも、安心して海に親しんでもらえるよう親水事業に努めた。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

 

2020年7月

 

施設・設備の点検、清掃、駐車場管理などは、仕様書のとおりに実施されており、管理状況は良好である。

また、係留船舶の管理についても、異常を発見した場合係留者へ連絡をしており事故を未然に防ぐ努力がみられる。

仕様書のとおり十分な人員配置のもと、適切な体制がとられている。

目的に沿った施設運営が行われている。

駐車場減免申請の手続も適切に行われており、施設の運営状況は良好である。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2020年6月

施設の清掃、緑地の植栽、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

係留施設の新規許可や減免申請の手続も適切に行われており、施設の運営状況は良好である。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

 

2020年5月

 

施設の清掃、緑地の植栽、漂着した流木の処理は適切に行われている。

係留施設の新規許可の手続きや行為許可の手続きも適切に行われており、施設の運営状況は良好である。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、管理事務所前に消毒液を設置するなど、利用者の利便性・安全性の向上に努めている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

2020年4月分

 誠実かつ積極的に業務を行っている。

また、業務日報や帳票類の作成・保管は適切に行われている。

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設破損箇所の発見も迅速であり、日頃の点検が適切に行われていると評価できる。

また、係留施設使用許可の更新に伴う事務手続きは適切に進められている。

係留施設の新規許可や船舶の変更許可、廃止届の手続きも適切に行われており、施設の運営状況は良好である。

前指定管理期間中に、指定管理者が深浦ボートパークに独自に配備したサービスボートを今期は浦賀ボートパークにも配備し、ボートパーク係留船舶のエンジントラブル等に迅速かつ適切に対応できるよう、利用者の利便性・安全性の向上に努めている。

以上より、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

お問い合わせ

建設部港湾管理課

横須賀市小川町11番地 2号館5階<郵便物:「〒238-8550 港湾管理課」で届きます>

内線:046-822-8436

ファクス:046-826-3210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?