ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 道路 > タクシー車両のバリアフリー化

更新日:2019年8月14日

ここから本文です。

タクシー車両のバリアフリー化

横須賀市UDタクシー導入促進協議会

国では、平成23年度に「地域公共交通確保維持改善事業」注1)を創設し、地域交通を支援するための補助制度を実施しておりますが、これらの補助金を交通事業者が受けるためには、各事業の目的・必要性・目標・事業費等を記載した「生活交通ネットワーク計画」の策定が必要となります。

当協議会では、誰もが移動しやすい環境づくりを目指し、国が定める移動等円滑化の促進に関する基本方針(バリアフリー法)に基づき、市内を運行するタクシー車両のバリアフリー化を推進するために、この計画の策定に係る協議を行っています。

注1)地域公共交通確保維持改善事業

詳細は国土交通省ホームページをご覧ください。

対象事業

地域公共交通バリア解消促進等事業(バリアフリー化設備等整備事業)

ユニバーサルデザインタクシー導入促進事業

タクシー事業者のユニバーサルデザインタクシー(通称UDタクシー)車両導入に係る事業計画を策定します。

UDタクシーとは、健常者はもちろんのこと、高齢者や妊産婦、子ども連れ、そして車椅子の方(車椅子のまま乗車することを想定)など誰もが利用できるユニバーサルデザイン構造をもったタクシーを意味しており、流し営業などの通常のタクシー営業に使用されるものです。

協議状況

当協議会の設置以降、これまでに協議した車輛導入事業は次のとおりです。

年度 市内タクシー事業者によるUDタクシー車両導入事業

平成23年度

  • オリオンタクシー(株):2台
  • 東海交通(株):2台
  • (株)ワイキャブ:2台
  • 京急中央交通(株):1台
  • (有)富士タクシー:1台
平成24年度 なし
平成25年度
  • 東海交通(株):2台
平成26年度
  • 京急中央交通(株):1台
  • (有)山岡興産:1台
平成27年度 なし
平成28年度
  • 船越タクシー(株):1台
  • 東海交通(株):1台
平成29年度 なし

平成30年度

  • 臨港タクシー(株):1台
  • (有)富士タクシー:1台
  • 船越タクシー(株):1台
  • 東海交通(株):2台

令和元年度6月において、市内タクシー事業者が保有しているUDタクシー車両は31台です。

令和元年度事業計画(案)に対するご意見の募集

令和元年度事業計画の策定に先立ち、次の計画(案)に対する利用者意見を募集を行いました。

計画(案)

令和元年度横須賀市生活交通改善事業計画(案)(ユニバーサルデザインタクシー導入促進事業)(PDF:103KB)

ご意見の募集期間

令和元年8月9日(金曜日)から令和元年8月13日(火曜日)の5日間

受付は終了しました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部交通計画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館2階<郵便物:「〒238-8550 交通計画課」で届きます>

電話番号:046-822-9538

ファクス:046-827-8824

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?