ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 道路 > 平成28年度三浦半島地域広域幹線道路整備促進期成同盟の活動について

更新日:2016年12月13日

ここから本文です。

平成28年度三浦半島地域広域幹線道路整備促進期成同盟の活動について

平成28年度における本同盟の活動内容は次のとおりです。

総会

平成28年8月22日(月曜日)横須賀市役所正庁にて開催しました。

国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所長をはじめ多くの来賓の方々を迎えるとともに、本期成同盟の会長である吉田市長はじめ4市1町の首長(代理含む)ほか、各方面から、多数の皆様のご参加をいただきました。

要望項目

  1. 三浦縦貫道路、本町山中有料道路及び逗葉新道の料金体系を見直し、引き下げを実施すること。
  2. 三浦半島地域から主要高速道路へのアクセス向上のため、高速横浜環状南線及び横浜湘南道路の早期整備を図ること。
  3. 三浦半島中央道路、三浦縦貫道路2期区間及び都市計画道路西海岸線の早期整備を図ること。
  4. 国道357号の都市計画決定区間(横浜市八景島-横須賀市夏島町)の早期整備及び南下延伸区間の早期具体化を図ること。
  5. 横浜横須賀道路の(仮称)横須賀PAスマートインターチェンジ整備を支援すること。
  6. 海岸線(逗子海岸)の自然景観を復元するため、国道134号の地下化の実現可能性について研究すること。
  7. 強靭な幹線道路ネットワークと安全・快適に利用できる道路の着実な整備に必要な財源確保と予算枠拡大を図ること。

平成28年度三浦半島地域広域幹線道路要望箇所図

平成28年度要望箇所図(PDF:3,094KB)

要望活動

1.平成28年8月22日要望活動(市役所会議室)

総会終了後、吉田市長をはじめとする4市1町の首長(代理含む)が要望先へ要望活動を行いました。

  • 要望先
    国土交通省(横浜国道事務所)、神奈川県、神奈川県道路公社、東日本高速道路株式会社

要望活動の概要:三浦半島地域広域幹線道路整備促進期成同盟平成28年度要望活動について(PDF:227KB)

2.平成28年10月6日要望活動(国土交通省関東地方整備局ほか)

横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・葉山町は、議会や民間経済団と「三浦半島地域広域幹線道路整備促進期成同盟」を組織し、国、県、その他関係機関に対して、三浦半島地域の広域幹線道路の整備促進を要望しております。

去る平成28年8月22日(月曜日)の本期成同盟総会にて要望事項を決議した後、国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所や神奈川県、神奈川県道路公社、東日本高速道路株式会社に要望を行っております。

この度10月6日(木曜日)に、本期成同盟会長の横須賀市長が国土交通省幹部、地元選出国会議員を訪問し要望活動を行いました。なお、国土交通省道路局長、関東地方整備局道路部長、古屋衆議院議員には面会の上、要望書を提出しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部交通計画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館2階<郵便物:「〒238-8550 交通計画課」で届きます>

電話番号:046-822-9538

ファクス:046-827-8824

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?