ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 道路 > 私道整備補助事業

更新日:2021年3月23日

ここから本文です。

私道整備補助事業

私道整備助成制度とは…

多数の市民の通行の用に供され、公道と同様な機能を果たしている私有道路について、市民が行う現況道路内の舗装工事等に対して工事費の一部を助成し、市民の生活環境改善に寄与することを目的とする制度です。

 

助成の対象となる道路(基本的には、建築基準法第42条2項ほかの私道が対象となります。建築基準法の道路種別の確認・助成の適用可否の確認は、「わが街ガイド適用可否」を確認ください。)

  • 整備助成の対象となる道路は、次の1~3のいずれかに該当する私道です。ただし、接続する公道は既に舗装されている場合が対象となります。
    1. 私道の両端が公道に接続していて、日常的に相当数の地域住民に利用されている。
    2. 私道の片側だけ公道に接続している場合は、おおむね5戸以上の家屋がある。
    3. 公共的または公益的施設に通じている。
  • 整備を希望する私道については、舗装工事に支障となる地下埋設物がないこと、私道に接する上のり面(いわゆるがけ地)が舗装工事に支障ない程度に保護されていることとします。また、公共下水道の計画区域内では、下水道が完備されていること、または今後5年間下水道工事の施行する予定がないこととします。
  • 私道が築造されてから5年以上経過していること。
  • その他「私道整備助成要綱」に定めるものとします。

*土地所有者、道路と接する家屋の所有者および居住者すべてが私道整備を要望していることが必要です。


*他の法令に抵触する場合は、助成対象外となる場合もあります。

 

工事前の写真 工事後の写真

私道整備施工前

私道整備施工完了後

 

工事の種類

  • 舗装工事(舗装新設工事・舗装修繕工事・舗装止工事、道路幅員が平均1m以上のものに限ります。)
  • 階段工事(階段新設工事・階段修繕工事、道路幅員が平均1m以上のものに限ります。)
  • 道路排水工事(U型側溝・L型側溝・横断暗渠・雨水溜桝)
  • 土留工事(道路下のり面に平均2m未満の土留構造物を設置するものに限る。別途協議要。)
  • 防護柵手摺工事(ガードレール・ガードフェンス・ガードパイプ・手摺)
  • 橋りょう工事(橋りょう新設工事・橋りょう修繕工事、道路幅員が平均1m以上のものに限ります。)
  • その他工事(市長が特に必要があると認めるものに限ります。)

 

概要

 

要綱等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部道路管理課 担当:許認可係

横須賀市小川町11番地 本館2号館3階<郵便物:「〒238-8550 道路管理課」で届きます>

電話番号:046-822-8351

内線:2832

ファクス:046-822-4118

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?