ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 港湾 > ようこそ横須賀港へ > みなとの公園 > 走水観音崎遊歩道(走水観音崎ボードウォーク)

更新日:2017年8月18日

ここから本文です。

走水観音崎遊歩道(走水観音崎ボードウォーク)

遊歩道1

 

遊歩道3 遊歩道2

自然あふれる観音崎の海岸に延びる木製遊歩道です。走水・観音崎は東京湾の玄関<浦賀水道>を一望する場所にあり、ボードウォークから海を眺めれば、世界各国より訪れる船が休む間もなく通り過ぎて行きます。

交通手段
京浜急行線「浦賀駅」から京急バス「観音崎」行に乗車し、終点で下車徒歩3分または京浜急行線「馬堀海岸駅」から京急バス「観音崎」行きに乗車。
バス停「観音崎京急ホテル」下車徒歩1分地図を開きます


園内紹介

カモメの画像

ボードウォーク
(...ちょっと足をのばして...)

横須賀美術館
県立観音崎公園
観音埼灯台
東京湾海上交通センター

カモメの画像

 

横須賀美術館

横須賀美術館写真

ガラスで覆われた建物は「環境全体が美術館」というコンセプトにもとづいて作られ、周りの自然と一体となる工夫があちこちになされています。展示室やワークショップ室をはじめ、充実した活動の場を備えます。


 

ボードウォーク

走水方向からのイメージ
さわやかな汐風が心地良い木の散歩道からの眺めは、きらめく青い海と浦賀水道を行き交うたくさんの船。
さらにその先には、鮮やかに映える房総半島。東京湾がいつもより身近に感じられることでしょう。
水辺ではいろいろな生き物たちが皆さんをお出迎え。

 

県立観音崎公園

観音崎海岸のイメージ
かつてこの一帯は軍の要塞でしたが、現在は自然豊かな公園となり、訪れる方々に親しまれています。
遊歩道が整備された園内には広場や展望台のほか、灯台、博物館、青少年の村などがあります。

 

観音埼灯台

観音崎灯台のイメージ
初代の灯台は明治時代にフランス人技師ヴェルニーが設計した日本で最初の洋式灯台で、現在の灯台は大正時代に建てられた三代目です。
青い海と空を背景に、緑の丘から伸びる白い姿が印象的です。

 

東京湾海上交通センター

海上交通センターのイメージ
浦賀水道を行き交う船の安全を守るため、船に必要な情報を送ったり、海の交通整理を行っています。
白い塔が丘から顔を出している様子を見て、観音埼灯台と間違えてしまう方もいらっしゃる様ですのでお気を付け下さい。

 


 


横須賀港のトップページへ

お問い合わせ

港湾部港湾総務課

横須賀市小川町11番地 本館2号館5階<郵便物:「〒238-8550 港湾総務課」で届きます>

電話番号:046-822-8436

ファクス:046-826-3210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?