ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 港湾 > ようこそ横須賀港へ > 港湾企画課ホームページ > 令和3年7月1日に新しいフェリーが就航しました

更新日:2021年7月21日

ここから本文です。

令和3年7月1日に新しいフェリーが就航しました

令和3年7月1日、横須賀港と新門司港(福岡県北九州市)を約21時間で結ぶフェリーが就航しました。日曜日を除く週6便で発着します。国内には長距離フェリーが14航路(注1)ありましたが、この度15番目の航路として就航しました。
これまではトラックを使用した陸上輸送が主流でしたが、大量輸送が可能な海上輸送を利用することで、CO2排出量を約25%削減することが可能となります。
また、就航先の北九州市には、横須賀市との共通点が多くあります。この機会に探してみましょう。

注:一般社団法人日本長距離フェリー協会ホームページより

新着情報

賑わいのある新港ふ頭へ

東京九州フェリー横須賀ターミナル今回、新港ふ頭の一部がフェリーターミナルとなり、皆さんがいつでも利用することができる港湾施設となります。ターミナルからは、猿島や馬堀海岸などを一望することができます。
また、就航に合わせて、令和3年6月15日に市はフェリー事業者と防災協定を締結しました。船舶は救援物資の輸送手段として、ターミナルは災害時に横須賀市内の帰宅困難者が一時滞在できる施設として機能します。(防災協定の詳細はこちら

新しいフェリーの就航がもたらすもの

若者が活躍する機会の創出、市内産業の活性化につながります

東京九州フェリー株式会社で働く市内高校卒業生フェリーの就航に合わせて、神奈川県立海洋科学高校など横須賀市内の高校を卒業した方々が採用されました。これからフェリー運航の一役を担っていきます。
また、フェリー事業は市内の関連業者への発注などの経済効果が期待できます。経済効果に関する市の調査結果はこちら

 


(画像提供:東京九州フェリー株式会社)

フェリーについて

横須賀市と北九州市の両市の花に由来する「はまゆう」(横須賀市)と「それいゆ」(北九州市)と名付けられた新造船2隻で運航します。

はまゆう

船名 はまゆう/それいゆ
全長 222.5メートル
総トン数 15,515トン
航海速力 28.3ノット(約52.4km/h)
(1ノット=1.852km/hとして計算)
積載台数 トラック約154台/乗用車約30台

「はまゆう」(画像提供:東京九州フェリー株式会社)

船内の様子

船内は、快適に船旅が楽しめるようにいろいろな施設が充実しています。次の写真はほんの一例です。

はまゆうエントランス はまゆうフォワードサロン
エントランスホール フォワードサロン
はまゆう客室(ステート和洋) はまゆう露天風呂
客室(ステート和洋) 露天風呂

(画像提供:東京九州フェリー株式会社)

運航ダイヤ

横須賀ー新門司間を約21時間で結びます。日曜日を除いた週6便が運航します。予約方法や料金などの詳細は、東京九州フェリー株式会社公式ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

出航時間(予定)

入港時間(予定)

横須賀港発
23時45分

新門司港着
翌日21時00分

新門司港発
23時55分

横須賀港着
翌日20時45分

 横須賀市と北九州市

横須賀市と就航先の北九州市の特徴を比べると、色々な共通点が見られます。どちらも港を中心として繁栄したことが特徴です。次の表は共通点の一例です。この機会に探してみましょう。

  横須賀市 北九州市
階段のない駅

JR横須賀駅

JR門司港駅

海峡

浦賀水道

関門海峡

製鉄所

横須賀製鉄所
(横須賀造船所)

官営八幡製鉄所

砲台

猿島砲台・千代ケ崎砲台
(東京湾要塞)

下関砲台

灯台

観音埼灯台
(江戸条約)

部埼灯台
(大阪条約)

 

JR門司港駅 部埼灯台
JR門司港駅
(画像提供:北九州市観光情報サイト)
部埼(へさき)灯台
(画像提供:門司海上保安部)

横須賀市民クルーズ

今回の就航を記念し、横須賀市民を対象とした東京湾内をめぐる市民クルーズを令和3年8月9日(月曜日・祝日)に行う予定でしたが、令和3年7月16日に神奈川県より発表された「特措法に基づくまん延防止等重点措置に係る神奈川県実施方針」(外部サイト)に基づき、本イベントは中止させていただくこととなりました

ご応募いただいた方ならびにご応募をご検討されていた皆様にはご迷惑をお掛けすることとなり、大変申し訳ございません。

市民クルーズの詳細はこちら


 

 

お問い合わせ

みなと振興部港湾企画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館5階<郵便物:「〒238-8550 港湾企画課」で届きます>

電話番号:046-822-8439

ファクス:046-826-3210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?