ホーム > 産業・まちづくり > 都市基盤 > 港湾 > ようこそ横須賀港へ > ぼくとわたしの横須賀港(小学生向け) > 港の役割

更新日:2015年3月1日

ここから本文です。

港の役割

トップへ戻るリンクボタン 空から見る横須賀港へのリンクボタン 港の役割へのリンクボタン おもな港へのリンクボタン 憩いの場へのリンクボタン 横須賀港へ来る船へのリンクボタン 横須賀港へ来る客船へのリンクボタン 横須賀港の貿易へのリンクボタン

港の役割ロゴ

 

横須賀新港ふ頭イメージ図

 

みなとは船の駅


港は、貨物船やフェリー、客船などさまざまな船で、たくさんの荷物や人が行きかう駅のようなものです。
海の玄関口「港」では、船から荷物を積んだり下ろしたりします。船で港から港へ運ばれた荷物は、トラックなどで目的地へ運んでいきます。
荷物は、外国へも運ばれます。日本でつくった自動車などを外国に売ったり(輸出)、外国から穀物や冷凍マグロを買ったり(輸入)する貿易という仕事でも、港は大切な役割をはたしています。また、港には私たちが海辺で楽しめる「うみかぜ公園」や「海辺つり公園」などのレクリエーション施設もあります。
さらに、港には防波堤などがあり、海辺にくらす人々を、地震などによる津波や、台風による大波から守るはたらきもしています。

荷物の動き

荷物を港へ運びます

 

岸壁ははたらきもの


 

岸壁は、港に着いた船から人の乗り下りや荷物の積み下ろしをする場所です。岸壁の深さは、新港1,2号岸壁で、海面から10メートル(3階建ての建物)くらいあります。岸壁をつくるときは、利用する船の大きさや数、荷物の重さや量が、最大どれくらいなのかを調べて計画をたてます。
また、万一地震が起きても、こわれにくい岸壁をつくります。岸壁は、災害が起こったときに食料など生活に必要なものを受け入れる基地としての大切なはたらきをもっているのです。

トラックから船へ積み込みます
 

みなとと私たちの暮らし

日本は、ふだんの生活に関わる品物の多くが、海外からの輸入品です。たとえば、みんなが食べる1年間の食べ物の量の約3月5日は海外から輸入しています。また、私たちがふだん使っている電気などのもとになる石油や、世界でも有名な日本の車に使う鉄もほとんど輸入しています。
みんなが好きなテレビは、約7月10日も海外の日本の会社で作って輸入しています。このように私たちの暮らしに必要な品物の大半は、海外から輸入しています。
古くから港は世界の貿易において、大きな役割を果たしてきました。周りを海で囲まれ、生活に必要な物のほとんどを海外から輸入している日本にとって、「港」はなくてはならないものなのです。工場で使う材料や大型機械などの重い荷物は、船で運んでいます。
港は、農水産品、セメント、砂利、砂、工業製品などいろいろな荷物を運ぶのに利用されています。
横須賀港は、東京湾の入口付近にあるため、東京湾の奥まで行かずに荷物の積み下ろしができるので便利です。また、みんなが海辺で遊べるように「海辺つり公園」や「うみかぜ公園」をつくりました。友達とみんなでぜひ、遊)びに来て下さい。これからも、世界の国々と仲良くして、人や荷物が行ったり来たりする活気のあるまちになるように、横須賀港がりっぱに成長して、みんなの役に立つような「港」づくりを進めていきます。

 

港から港へ船で運びます

 

横須賀港ってどこ?

みんなが住んでいる横須賀市の中には、長浦港、新港、平成港、久里浜港など、たくさんの港がありますが、これら全体は、北は横浜市との境の夏島から南は、野比海岸までを横須賀港と呼んでいます。
横須賀市は、横須賀港を一つの港として管理をしています。

 

港で船からトラックへのせかえます
 

横須賀港の始まり

横須賀港は、今から約135年前の慶応元年(1865年)徳川幕府の勘定奉行であった小栗上野介忠順とフランス人技師フランソワ・レオンス・ヴェルニーが横須賀村に製鉄所の建設を開始した時が始まりです。昭和20年(1945年)の太平洋戦争が終わるまで、海軍造船所として発展を続け、その後は米海軍横須賀基地となりました。基地以外の港は、昭和26年(1951年))、国内の産業の開発上特に重要な港となり、昭和28年(1953年)には横須賀市が港を管理する事になりました。全国で、997ある港のうち横須賀港のように重要な港は、126港あります。また、そのうち市町村が管理している港は、横須賀港を含め24港あります。横須賀港は現在、追浜から野比までの海岸線延長約61キロメートル(直線で横須賀中央から新宿まで)、海面の面積は、約55,400,000平方メートル(猿島約1,000島分)の広さがあり、年間約2,000万トン(ジャンボジェット機約5,300機分)の貨物を取り扱い、自動車製造、造船、火力発電所、各種研究所等がある産業の基地、自動車の輸出や冷凍マグロの輸入等の物流の基地、房総半島を結ぶフェリーによる客船輸送の中心となっています。

港から市場や工場、お店へ荷物を運びます

 

荷物の動き

1.荷物を港へ運びます

9

2.トラックから船へ積み込みます

9

3.港から港へ船で運びます

  9

4.港で船からトラックへのせかえます

9

5.港から市場や工場、
お店へ荷物を運びます

 

お問い合わせ

港湾部港湾企画課 担当:港湾振興係

横須賀市小川町11番地 本館2号館5階<郵便物:「〒238-8550 港湾企画課」で届きます>

電話番号:046-822-8439

ファクス:046-826-3210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?