ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2018年3月) > 偶然居合わせた女性5名!力を合わせ人命救助!~「よかった。ありがとう」消防局長から感謝状贈呈~(2018年3月30日)

更新日:2018年3月30日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

偶然居合わせた女性5名!力を合わせ人命救助!~「よかった。ありがとう」消防局長から感謝状贈呈~(2018年3月30日)

平成30年1月、横須賀市若松町2丁目京急横須賀中央駅で発生した救命事案において、偶然その場に居合わせた女性5名が力を合わせ、心肺停止状態の傷病者に対し救命手当てを行った結果、尊い人命を救い傷病者を社会復帰に導いた事案がありました。消防活動への協力に対し、消防局長から感謝状を贈呈します。

1贈呈日時

平成30年4月6日(金曜日)11時00分

2贈呈場所

横須賀市消防局5階消防局長室(横須賀市小川町11番地)

3被表彰者

  • 関東学院六浦学校、肥田真由美(ひだまゆみ)様
  • 横須賀市立うわまち病院、神谷冬実(かみやふゆみ)様
  • 京浜急行電鉄株式会社、竹原美玖(たけはらみく)様
  • 京浜急行電鉄株式会社、青木由加莉(あおきゆかり)様
  • 横須賀市南消防署、山口真生子(やまぐちまきこ)様

4贈呈者

横須賀市消防局長、佐藤正高(さとうまさたか)

5概要

平成30年1月22日(月曜日)午後3時36分頃、京急横須賀中央駅のホームで突然傷病者が卒倒し乗客などが騒然としている中、偶然その場に居合わせた5名が一丸となって連携協力し、傷病者への声掛け、容態の観察、119番通報、AED(自動体外式除細動器)の搬送、胸骨圧迫、除細動を実施したことにより、傷病者の容態は回復傾向に向かい、数日後に社会復帰へと導くことができました。消防活動への協力に対し、消防局長から感謝状を贈呈します。

お問い合わせ

消防局総務課

横須賀市小川町11番地 消防局庁舎5階<郵便物:「〒238-8550 消防局総務課」で届きます>

電話番号:046-821-6454

ファクス:046-823-8405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?