ホーム > くらし・環境 > 安全・安心 > 火災予防・危険物 > 飛沫防止用シート等を設置する場合の注意点について

更新日:2020年6月4日

ここから本文です。

飛沫防止用シート等を設置する場合の注意点について

新型コロナウイルス感染予防対策とともに火災予防対策をお願いします。
新型コロナウイルス感染症の飛沫感染を防ぐために、窓口などに「ビニールシート」を設置する場合は、次の4つのポイントを確認してください。

1.熱源となるものの近くに設置していませんか?

ビニールシートは燃えやすい素材であるため、コンロなどの火気や発熱する照明器具等から十分な距離をとって設置してください。(十分な距離とは、シートが熱源の影響を受け、熱くならない距離です。)

2.消防用設備等の障害になっていませんか?

スプリンクラー設備の散水障害が生じない位置に設置してください。
自動火災報知設備の感知器の未警戒部分が生じないように設置してください。

3.避難の支障になっていませんか?

避難の障害となる避難口の周囲や誘導灯が見えにくくなる場所は避けて設置してください。

4.必要に応じて難燃性または不燃性のものの使用を検討してください

ビニールシートは燃えやすい素材であるため、必要に応じて難燃性または不燃性のものの使用を検討してください。

お問い合わせ

消防局予防課

横須賀市小川町11番地 消防局庁舎5階<郵便物:「〒238-8550 予防課」で届きます>

電話番号:046-821-6466

ファクス:046-823-8405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?