ホーム > くらし・環境 > 安全・安心 > 火災予防・危険物 > 花火・火遊びによる火災を防止しましょう

更新日:2017年4月1日

ここから本文です。

花火・火遊びによる火災を防止しましょう

ルールを守って楽しい花火

夏の娯楽として楽しめる花火も、取り扱いを誤ると、火災ややけどなどの事故につながります。花火の取り扱いには十分注意しましょう。

花火による火災を防ぐポイント

  • 花火に書いてある遊び方をよく読んで、必ず守る。
  • 花火を人や家に向けたり、燃えやすいもののある場所で遊んだりしない。衣服に火が付かないように注意。
  • 手持ちの筒花火は手の位置に注意する。
  • 風の強いときは花火をしない。
  • 水の入ったバケツを用意し、遊び終わった花火はバケツの水で完全に火を消す。
  • 大人と一緒に遊ぶ。
  • 一度にたくさんの花火に火を付けない。
  • 正しい位置に、正しい方法で火を付ける。
  • 吹き出し、打ち上げなどの筒物花火は、途中で火が消えても筒をのぞかない。
  • 花火をほぐして遊ばない。

子どもの火遊びに注意

子どもの火遊びが原因とみられる火災が、毎年多く発生しています。日頃から火災予防の大切さについて、子どもたちと話し合うようにしましょう。

子どもの火遊びによる事故を防ぐポイント

  • ライターやマッチを子どもの手の届く所に置かない。
  • 子どもだけを残して外出しない。
  • 火遊びをしている子どもを見掛けたら注意する。
  • 子どもだけでは火を取り扱わせない。
  • 火災の恐ろしさ、火の取り扱いについて子どもに教える。


 

 

お問い合わせ

消防局予防課

横須賀市小川町11番地 消防局庁舎5階<郵便物:「〒238-8550 予防課」で届きます>

電話番号:046-821-6466

ファクス:046-823-8405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?