ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年3月) > 迅速的確な救命活動に対し中央消防署長から感謝状を贈呈(2017年3月16日)

更新日:2017年3月16日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

迅速的確な救命活動に対し中央消防署長から感謝状を贈呈(2017年3月16日)

平成29年1月21日(土曜日)午後1時44分頃、横須賀市稲岡町82番地、横須賀学院体育館で発生した救命事案に際し、駆け付けた3名の教諭が協力・連携した救命活動を行い救急隊へ引き継いだ結果、尊い人命を救い、傷病者を社会復帰へ導くことができました。

この迅速的確な救命活動の功績を称え、中央消防署長から感謝状を贈呈します。

1 贈呈日時

平成29年3月23日(木曜日)午前10時から

2 贈呈場所

横須賀市中央消防署 3階消防署長室(横須賀市米が浜通2-15)

3 被表彰者

(1)高校教諭 鈴木 元気(すずき げんき)様

(2)養護教諭 鈴木 世良(すずき せら)様

(3)高校教諭 四竃 純雄(しかま すみお)様

4 贈呈者

横須賀市中央消防署長 消防監 福島 和弘(ふくしま かずひろ)

5 概要

平成29年1月21日(土曜日)午後1時44分頃、市内稲岡町82番地、横須賀学院体育館で部活動指導中の男性が突然卒倒、体育館内に居合わせた鈴木元気氏が呼び掛けるも反応・呼吸がなく心肺停止と判断し心肺蘇生法を実施しました。

生徒からの報告を受け、体育館に駆け付けた鈴木世良氏、四竃氏の3名で協力・連携して心肺蘇生法の継続、AEDによる除細動の実施、119番通報並びに救急隊を現場まで誘導しました。

現場に駆け付けた3名の教諭が迅速適切な救命活動を行い、救急隊へ引き継いだ結果、尊い人命を救い、男性を社会復帰へ導くことができました。

お問い合わせ

消防局中央消防署 担当:地域防災係 武川

〒238-0011 横須賀市米が浜通2丁目15番地 

電話番号:046-820-0119

内線:77421

ファクス:046-823-3921

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?