ホーム > 市政情報 > 横須賀市議会 > 新型コロナウイルスへの対応に関する市長への申し入れについて

更新日:2020年3月9日

ここから本文です。

横須賀市議会

新型コロナウイルスへの対応に関する市長への申し入れについて

新型コロナウイルスの感染拡大防止については、市長を中心に行政が一丸となり、全力で対策に取り組んでいるところですが、国からの要請等を踏まえた新型コロナウイルス感染拡大を防止するための市立学校の臨時休校や保育所等の対応など、市民生活への影響を考慮し、3月2日に議長から市長に対して以下のとおり申し入れを行いました。

  1. 子どもたち(特に小学校1~3年生)の居場所として、学校で受け入れる必要があると考えるが、対応を検討していただきたい。
  2. 学童クラブは、人の手当てがないと対応できないことが考えられるため、学童クラブの開設にあたり人員面も支援していただきたい。
    また、学校内の学童クラブは、教室内だけでは感染リスクもあるため、校庭や体育館などの学校施設も開放していただきたい。
  3. 各学校の支援学級の子どもの預かり場所として、養護学校と同様に学校として対応していただきたい。
  4. 新型コロナウイルスに関する情報については、常に正確な情報発信をしていただきたい。
    また、情報を発信するにあたり、庁内で情報の共有化を図るとともに、発信窓口の明確化を図るなど、市民に分かりやすい情報提供を心掛けていただきたい。

市長からの回答

上記の申し入れに対し、3月6日に市長から以下のとおり対応状況に関する回答がありました。

まず、子どもたちの居場所については、現在、市内小学校では、13時30分から15時30分に校庭を遊び場として開放しています。さらに、日中保護者がいない家庭において、保護者が子どもを預けるところもなく預かってくれる人もない状況などで困っている実態があれば、図書室等の学校施設を自主学習のために開放するなど、地域・学校の状況に応じて対応しています。
また、支援学級に所属している児童生徒についても、個人の状況に応じて、特段の配慮を行います。
次に、学校内にある学童クラブへの校庭や体育館等の開放については、各学校の状況に応じて柔軟に対応しています。
員面の支援については、市立小・中学校及び特別支援学校の教員は県費職員のため、現在、県教育委員会の見解を待っているところです。
最後に、新型コロナウイルスに関する情報発信については、これまでも正確な情報発信に努めてまいりましたが、改めて全部局に周知し、対応してまいります。
市民への情報提供については、市ホームページに専用のサイト等を設置し、市民生活に影響のあるような相談窓口の連絡先や、施設の休館等の情報など、スピーディーに情報提供を行っているところです。市民の皆さまが情報を入手しやすくなるよう努めてまいります。

お問い合わせ

市議会事務局議事課

横須賀市小川町11番地 本館1号館9階<郵便物:「〒238-8550 議事課」で届きます>

電話番号:046-822-9394

ファクス:046-824-2663

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?