ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2018年3月) > 市立学校敷地内除染土砂の移設完了について(2018年3月7日)

更新日:2018年3月7日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

市立学校敷地内除染土砂の移設完了について(2018年3月7日)

1.移設について

市立学校43校の敷地内に埋設していた除染土砂を下町浄化センターへ移設する作業は、平成29年12月26日から開始し、平成30年3月6日に完了しました。

2.土砂の量及び保管方法について

移設した土砂の総量は約17.6トンで、フレキシブルコンテナバッグに入った状態でコンテナ(1基)内に保管し、コンテナの開口部は溶接して封函しました。

3.放射線空間線量について

コンテナ周辺の放射線空間線量は、除染土砂の移設前と移設後で同等でしたので、影響はありません。

4.今後について

下町浄化センターへの移設は仮保管なので、関係部局等から情報収集等を行い、できるだけ早い時期に最終処分を行いたいと考えています。

 

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部学校管理課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 学校管理課」で届きます>

電話番号:046-822-8534

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?