ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2018年12月) > 横須賀美術館 平成30年度第4期所蔵品展「特集:三木弘(みきひろむ)」を開催します。(2018年12月17日)

更新日:2018年12月17日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

横須賀美術館 平成30年度第4期所蔵品展「特集:三木弘(みきひろむ)」を開催します。(2018年12月17日)

このたび、横須賀美術館では、地階所蔵品展の会場にて、第4期所蔵品展「特集:三木弘」を、別館の谷内六郎館にて、谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展「なつかしの道具たち」を開催します。

1.第4期所蔵品展「特集:三木弘」

三木弘(1900-1982)は和歌山県に生まれ、朝鮮半島で育ち、独学で絵画を始めました。その後、東京やパリで絵画を学び、再び朝鮮半島に戻り、現在のソウルを拠点に創作活動をした異色の経歴の持ち主です。
今回、三木弘の作品所蔵者が横須賀在住であることから、本展を開催することとなりました。三木の最晩年の作品約20点を中心に展示し、その絵画世界に光を当てます。

2.谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展「なつかしの道具たち」

本展では、井戸のポンプ、かまど、火鉢のような、今では目にすることが稀となった、なつかしの道具を谷内が描いた作品を集めてご紹介します。
また、今回は横須賀市自然・人文博物館(外部サイト)が所蔵する、昭和の暮らしの中で使われた、いくつかの実物資料をあわせて展示します。

≪展示期間等≫

1.会期

平成30年12月22日(土曜日)-平成31年4月14日(日曜日) 開館時間:10時~18時
*休館日 12月29日(土曜日)~1月3日(木曜日)、1月7日(月曜日)、2月4日(月曜日)、3月4日(月曜日)、4月1日(月曜日)

2.会場

横須賀美術館 地階所蔵品展示室/谷内六郎館

3.主催

横須賀美術館

4.観覧料

一般310円、高大生・65歳以上210円
*中学生以下および高校生(市内在住または在学に限る)は無料
*上記観覧料で所蔵品展および谷内六郎館がご覧になれます

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部美術館運営課

〒239-0813 横須賀市鴨居4丁目1番地 横須賀美術館 

電話番号:046-845-1211

ファクス:046-845-1215

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?