ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツ元気アップ横須賀 > 横須賀スポーツニュース > 市立横須賀総合高校・全国大会出場選手が市長・教育長を訪問

更新日:2017年3月16日

ここから本文です。

市立横須賀総合高校・全国大会出場選手が市長・教育長を訪問

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)並びに全国高等学校定時制通信制体育大会に出場する市立横須賀総合高等学校陸上競技部・アーチェリー部4人の選手が市長・教育長を訪問し、全国大会出場の報告をしました。

横須賀総合高等学校全日制は、陸上競技、アーチェリー競技ともに横須賀市内の高校から唯一のインターハイ出場選手となります。

陸上競技円盤投げでインターハイ出場となる三橋佳那子選手(全日制3年次生)は自己記録を更新しての出場となり「家族・先生・仲間に支えられて出場することができた。出場できなかった方達の分までがんばりたい」と語りました。
アーチェリー競技でインターハイ出場となる吹越麗亜選手(全日制3年次生)は「関東大会では思うような記録が出ず悔しい思いをした。自分の力が出せるようにがんばりたい」と抱負を述べました。

定時制陸上競技部は毎年全国大会出場選手を輩出しており、いまや全国大会の常連校となっております。
全国大会に3年連続出場となる秋山雅弥選手(定時制3年次生)は100m、200m、4×100mリレーに出場予定。「今年はより上位を目指し、良い報告ができるようにがんばりたい」と力強く語りました。
同じく陸上競技200m、走り幅跳びに出場する中志織選手(定時制3年次生)は「限られた時間の中で集中して練習することができました。支えてくれた多くの方々の分までがんばりたい」と語りました。

教育長からは「今まで練習してきた成果が本番で出せる様体調を整え、悔いの残らない様にしてください」、市長からは「全国大会に出場できることは大変素晴らしい事。ご自分で立てた目標に向かってがんばってください」と激励を受けました。
選手の皆さん、がんばってください!

大会日程等はこちら(PDF:162KB)

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部保健体育課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 保健体育課」で届きます>

電話番号:046-822-8486

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?