○公平委員会処務規程

昭和45年1月10日

公平委員会告示第1号

公平委員会処務規程を次のように定める。

公平委員会処務規程

(総則)

第1条 公平委員会(以下「委員会」という。)の事務処理については、別に定めるもののほか、この規程に定めるところによる。

(事務局)

第2条 委員会に事務局を設け、次の事務職員を置く。

(1) 事務局長

(2) 書記

(職務)

第3条 事務局長は、委員長の命を受けて委員会の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 事務局長に事故があるときは、あらかじめ事務局長が指定した職員がその職務を代理する。

(平29公告示1・一部改正)

(専決事項)

第4条 次の事項については、事務局長がこれを専決することができる。

(1) 職員の出張を命令すること。

(2) 職員の時間外勤務等を命令すること。

(3) 軽易な報告、通知、照会、回答及び証明に関すること。

(決裁区分)

第5条 決裁文書の決裁区分の表示は、次の各号に掲げる決裁区分に応じ、当該各号に掲げるものとする。

(1) 委員長の決裁を受けるもの 画像

(2) 事務局長の決裁を受けるもの 

(平29公告示1・追加)

(公印)

第6条 委員会及び委員長の公印は、次のとおりとする。

委員会印

画像

方27ミリメートル

委員長印

画像

方24ミリメートル

(平29公告示1・旧第5条繰下・一部改正)

(市規定の準用)

第7条 前各条に定めるもののほか、事務局の処務に関しては、市長の機関の各規定を準用する。

(平29公告示1・旧第6条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この規程は、公表の日から施行する。

(関係規程の廃止)

2 公平委員会及び公平委員会委員長の印章規程(昭和26年横須賀市公平委員会告示第1号)は、廃止する。

附 則(平成29年3月31日公告示第1号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

公平委員会処務規程

昭和45年1月10日 公平委員会告示第1号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第17類 行政委員会等/第3章 公平委員会
沿革情報
昭和45年1月10日 公平委員会告示第1号
平成29年3月31日 公平委員会告示第1号