○子育て支援ヘルパー派遣サービス実施要綱

平成12年4月1日

(総則)

第1条 妊娠中及び出産後で、家事の支援等を必要とする家庭に、家事及び保育経験のある子育て支援ヘルパー(以下「ヘルパー」という。)を派遣し、当該家庭が安心して日常生活を営むことができるよう援助する子育て支援ヘルパー派遣サービス(以下「サービス」という。)の提供については、サービス等提供規則(平成12年横須賀市規則第2号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(対象者)

第2条 サービスの提供を受けることができる者は、妊婦若しくは産婦又は出生した乳児のいる家庭に属する者で、かつ、日常生活を営むのに支障をきたし、家事の支援等を必要とするものとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長が派遣することが適当でないと認める者に対するサービスの提供は行わないものとする。

(実施機関)

第3条 サービスの提供は、ヘルパー事業者(以下「委託事業者」という。)に委託して行う。

(申請等)

第4条 規則第4条に規定するサービス等提供申請書は、子育て支援へルパー派遣サービス申請書(第1号様式)によらなければならない。

2 前項の申請書の提出が困難な者は、電話、ファックス等により申請することができる。

3 市長は、前2項の申請に基づいて対象者、世帯の状況等を調査し、派遣の要否を決定するものとする。

4 市長は、前項の規定により派遣を必要と決定したときは、ヘルパーを派遣し、不要と決定したときは子育て支援ヘルパー派遣非該当通知書(第2号様式)により申請者に通知するものとする。

5 ヘルパーの派遣回数、訪問時間及び支援の内容については、世帯の状況等を勘案して市長が決定する。

(派遣日数等)

第5条 ヘルパーの派遣は、原則として、次に掲げる期間に応じそれぞれ定める日数を限度とし、1日につき午前8時から午後5時までの間の連続した2時間以内とする。

(1) 妊娠に伴う疾病による安静が必要と医師から診断されたときから回復するまでの間 7日

(2) 単胎においては、出産後3箇月間又は産婦若しくは出生した乳児の退院後3箇月間 15日

(3) 多胎においては、出産後4箇月間又は産婦若しくは出生した乳児の退院後4箇月間 20日

2 サービスの内容は、別表に掲げるもののうち必要と認められるものとする。

(一部負担金)

第6条 サービスの提供を受けた者(以下「費用負担義務者」という。)は、サービスの提供に係る費用の一部負担金として、ヘルパーの派遣1日につき1,250円(消費税を含む。)を委託事業者に納付しなければならない。

(報告)

第7条 委託事業者は、毎月10日までに前月分の子育て支援ヘルパー派遣サービス実施報告書(第3号様式)に請求書を添付して、市長に提出しなければならない。

(その他)

第8条 この要綱の施行について必要な事項は、こども育成部長が定める。

附 則

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成13年12月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

(別表)

区分

サービスの内容

(1) 家事に関すること

ア 食事の準備及び後片付け

イ 衣類の洗濯

ウ 居住等の清掃及び整理整頓

エ 生活必需品の買い物

オ その他必要な家事援助

(2) 育児に関すること

ア 授乳援助

イ おむつ交換

ウ 沐浴介助

エ 兄姉児の世話

オ 兄姉児の送迎(幼稚園、保育園等に限る。)

カ その他必要な育児援助

画像

画像

画像

子育て支援ヘルパー派遣サービス実施要綱

平成12年4月1日 種別なし

(平成12年4月1日施行)