○ねたきり等高齢者寝具丸洗い費用助成要綱

昭和51年4月1日

(総則)

第1条 ねたきりその他の高齢者が日常使用している寝具の丸洗いを行う場合の費用の助成については、サービス等提供規則(平成12年横須賀市規則第2号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(対象者)

第2条 この助成を受けることのできる者は、次の各号に該当する者(以下「対象者」という。)とする。

(1) 市内に居住する65歳以上の在宅の者(別表に掲げる施設に一時的な滞在(3か月未満)をする場合を含む。)であること。

(2) 次のいずれかに該当する者であること。

 介護保険法(平成9年法律第123号)に基づく要介護認定により要介護3、要介護4又は要介護5と認定された者のうち、日中も主にベッド等上で生活しているものであること。

 介護保険法に基づく要介護認定により要介護1又は要介護2と認定された者のうち、排泄の介助を必要とする状態であることを医師が認めるものであること。

(助成の内容)

第3条 助成は、対象者に対し寝具丸洗い利用券(第1号様式。以下「利用券」という。)を年4枚(利用券1枚で丸洗いできる寝具類は、掛け布団、敷布団及び毛布各1枚とする。)を限度として交付することにより行う。

(寝具丸洗い利用券交付申請書等)

第4条 規則第4条に規定するサービス等提供申請書は、寝具丸洗い利用券交付申請書(第2号様式)による。

2 第2条第2号イに該当する者が申請する場合は、前項の申請書に当該高齢者が排泄の介助を必要とする状態であることを医師が証明する書類を添えて、市長に提出するものとする。

3 規則第5条第2項に規定する決定通知は、利用券の交付をもって代える。

(支払)

第5条 第3条の規定による利用券に係る料金は、対象者に代わり市が実施業者に支払うものとする。

2 実施業者は、受け取った利用券を1月、4月、7月及び10月の10日までにそれぞれの前月までの分をとりまとめて、市長に料金を請求するものとする。

(目的外使用の禁止)

第6条 利用券は、対象者以外の者は使用することができないものとし、他人に譲渡した場合は、その利用券は無効とする。

附 則

この要綱は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成5年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成5年12月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成6年2月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成6年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成9年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成10年4月1日から施行する。

附 則

1 この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

2 この要綱施行の日から平成15年3月31日までの間に限り、改正前のねたきり高齢者等寝具丸洗い費用助成要綱第2条の規定により平成12年3月31日において対象者であった者は、改正後のねたきり高齢者等寝具丸洗い費用助成要綱第2条に規定する対象者とみなす。

附 則

この要綱は、平成14年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

養護老人ホーム 特別養護老人ホーム 介護老人保健施設 病院

画像

画像

画像

ねたきり等高齢者寝具丸洗い費用助成要綱

昭和51年4月1日 種別なし

(昭和51年4月1日施行)