○ねたきり等高齢者紙おむつ支給事業実施要綱

昭和63年4月1日

(総則)

第1条 ねたきりその他の高齢者に対する紙おむつの支給については、サービス等提供規則(平成12年横須賀市規則第2号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(対象者)

第2条 この要綱により紙おむつの支給を受けることができる者は、次の各号に該当するものとする。ただし、重度障害者紙おむつ支給事業実施要綱(平成6年4月1日制定)の規定により紙おむつの支給を現に受けている者を除く。

(1) 市内に居住する65歳以上の在宅の者(別表に掲げる施設に一時的な滞在(3ヶ月未満)をする場合を含む。)であること。

(2) 次のいずれかに該当する者であること。

 介護保険法(平成9年法律第123号)に基づく要介護認定により要介護3、要介護4又は要介護5と認定された者のうち、排泄の介助を必要とするものであること。

 介護保険法に基づく要介護認定により要介護1又は要介護2と認定された者のうち、排泄の介助を必要とする状態であることを医師が認めるものであること。

(支給の内容)

第3条 紙おむつは、次条の規定による申請のあった月分から支給するものとする。ただし、当該申請日が、申請した月の16日以後であるときは、当該申請のあった日の属する月の翌月分から支給するものとする。

2 紙おむつの種類は、テープ式パンツ型、パンツ型、平型及び尿取りパッドとする。

3 紙おむつの支給は、毎月、市と協定を締結している業者(以下「協定業者」という。)が配布することにより行う。

(紙おむつ支給申請書)

第4条 規則第4条に規定するサービス等提供申請書は、ねたきり等高齢者紙おむつ支給申請書(第1号様式)による。

2 第2条第2号イに該当する者が申請する場合は、前項の申請書に当該高齢者が排泄の介助を必要とする状態であることを医師が証明する書類を添えて、市長に提出するものとする。

(支給決定(却下)通知書)

第5条 規則第5条第2項に規定するサービス等決定通知書は、ねたきり等高齢者紙おむつ支給決定(却下)通知書(第2号様式)による。

(利用の手続)

第6条 前条の決定通知を受けた者(以下「受給者」という。)は、協定業者に申し出て支給を受けるものとする。

(一部負担金)

第7条 紙おむつの支給に係る費用のうち、1月につき2,700円を超える部分は、受給者が負担するものとする。

2 前項に規定する費用は、受給者が直接協定業者に支払うものとする。

附 則

この要綱は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成2年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成4年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成5年12月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成6年2月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成6年4月1日から施行する。

附 則

1 この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

2 この要綱施行の日から平成15年3月31日までの間に限り、改正前のねたきり等高齢者紙おむつ支給事業実施要綱第2条の規定により平成12年3月31日において対象者であった者は、改正後のねたきり等高齢者紙おむつ支給事業実施要綱第2条に規定する対象者とみなす。

附 則

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成14年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年11月1日から施行する。

附 則

1 この要綱は、平成30年9月1日から施行する。

2 改正後のねたきり等高齢者紙おむつ支給事業実施要綱第7条の規定は、平成30年10月分の紙おむつの支給から適用し、同年9月分の紙おむつの支給については、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

養護老人ホーム 特別養護老人ホーム 介護老人保健施設 病院

画像

画像

ねたきり等高齢者紙おむつ支給事業実施要綱

昭和63年4月1日 種別なし

(昭和63年4月1日施行)