○リサイクルプラザ再生家具の提供に関する要綱

平成13年5月4日

(目的)

第1条 この要綱は、リサイクルプラザ(以下「プラザ」という。)において家庭から不用品として排出された家具類を補修し、再生したもの(以下「再生家具」という。)を市民に提供することにより、リサイクル品の普及及びリサイクル意識の高揚を図ることを目的とする。

(再生家具の種類)

第2条 再生家具の種類は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 和だんす

(2) 洋だんす

(3) 茶だんす

(4) 本棚

(5) 座卓

(6) テーブル

(7) いす

(8) その他

(提供)

第3条 再生家具の提供は、原則として4月ごとに1回行うものとする。

2 前項に規定するもののほか、リサイクル意識の高揚が図られる場合には、臨時に再生家具の提供を行うものとする。

(提供の方法)

第4条 再生家具の提供は、次に掲げる方法からプラザの館長(以下「館長」という。)が、選択して行うものとする。

(1) 再生家具にそれぞれ番号及び提供価格を付して展示し、購入希望者を募集する。

(2) 再生家具にそれぞれ番号を付して展示し、購入希望者において希望価格を明記する入札方式で募集する。

2 前項の規定にかかわらず、館長が特に必要と認める場合は、別の方法により提供することができる。

(申込み)

第5条 購入希望者は、前条第1項第1号の規定による募集については、アイクル再生家具購入申込書(第1号様式)を、同項第2号の規定による募集については、アイクル再生家具入札申込書(第2号様式)を館長に提出しなければならない。この場合において、申込みをすることができる再生家具の数は、一の募集につき1人当たり2個を限度とする。

2 購入希望者は、満18歳以上の者に限るものとする。

(提供の決定及び通知)

第6条 第4条第1項第1号の規定による募集に対し複数の申込みがあるときは、抽選により提供する者を決定するものとする。この場合において、提供する者が辞退した場合は、再び抽選を行い、提供する者を決定するものとし、以下同様とする。

2 第4条第1項第2号の規定による募集に対し複数の申込みがあるときは、最高の価格をもって申込みした者を落札者とする。この場合において、落札となるべき同価の入札をした者が2人以上あるときは、協議又はくじにより決定するものとする。

3 前項の規定により落札者となった者が提供を辞退した場合は、他の者のうち最高の価格をもって申込みをした者を落札者とし、以下同様とする。

4 館長は、前3項の規定により再生家具を提供する者(以下「譲受者」という。)を決定したときは、郵送等により譲受者に通知するとともに、プラザ内に結果を掲示するものとする。

(提供価格の納入)

第7条 譲受者は、再生家具の引渡しの前に提供価格を支払うものとする。

(台帳の整備)

第8条 館長は、提供した再生家具の台帳を作成し、常に整備しておくものとする。

(その他の事項)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、資源循環部長が定める。

附 則

この要綱は、平成13年5月4日から施行する。

附 則

この要綱は、平成17年2月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成27年3月1日から施行する。

画像

画像

リサイクルプラザ再生家具の提供に関する要綱

平成13年5月4日 種別なし

(平成13年5月4日施行)